出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

カテゴリ: 出稼ぎ風俗についてのトラブル

風俗の出稼ぎで起きるトラブルで思い当たるものは何でしょうか?


条件が違った?

保証が貰えなかった?



実は、それ以外にも気をつけなければいけない、トラブルが潜んでいます。


その代表格として、挙げられるトラブルの一つが「盗難」です。


たとえば

3LDKの一部屋の寮で、鍵を閉め忘れた

ソープや箱ヘルのプレイルームに財布を置きっぱなしにしてしまった

ドライバーの車の中に荷物を忘れてしまった


そんな時に、盗難が起こる可能性があります。


そして、盗難のほとんどの犯人は、他の出稼の女性であることが多いのです。


風俗の出稼ぎは、その性質上、どんな性格や経歴がある女性が働くのか、お店側も把握ができません。


そのため、ときに盗難癖がある女性や、お金に困っていて、他の女性の財布を狙っている女性が紛れ込んでいる場合があるのです。


そのために、貴重品は必ず安全な場所で管理をすることを徹底してください。


稀なケースでは、最近入ったばかりの店舗の新人スタッフが、犯人だったという事例もあります。


財布のお金をすられてしまった場合は、証拠を示すことが難しいため、泣き寝入りになってしまうトラブルも発生しているようです。


くれぐれも注意してくださいね。


その他のトラブルとして、女性同士の悪口の言い合いから、喧嘩となってしまい、どちらかが帰宅を余儀なくされたり、二人とも出禁になってしまったり、というトラブルも発生しています。


女性同士の直接のトラブルではなくとも、気に入らない女性の悪口をお客様に伝えてしまい、お客様から店舗へクレームが入ったことで発覚するケースもございます。


また、男性スタッフとの色恋で、男性スタッフと女性も共にクビになったり、男性スタッフのストーカーやセクハラなどのトラブルも、ごく稀に起こります。


そのような場合は、紹介者のスカウトマンや、店舗の責任者にすぐ相談することで、不要なトラブルを避けることができます。


出稼ぎのトラブルは、細かいものを含めると数えきれないほどの事案があります。


出稼ぎでトラブルに絶対に遭いたくないと考える方は、ぜひ一度ご相談ください。


トラブルの少ない優良店や、トラブルに遭わずに済む方法、事前対策や、事後対策についても、ご案内致します。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com


ご案内 : この記事の作者のスカウトマンの紹介

関連記事 : 出稼ぎ風俗、保証がもらえないトラブルを防ぐ


出稼ぎ風俗では、保証がもらえなかったというトラブルに遭われる方が、たくさんいらっしゃいます。

こちらの記事で紹介しているように、行く前の時点から、貰えないことが確定してしまっているケースがあります。

出稼ぎ風俗、保証がもらえないトラブル例
http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/45245931.html


しかし、そうではなく、お店は優良店で、プロフィールにも虚偽がなく、勤務態度も良いはずなのに保証が貰えなかった、という場合がございます。


それらは、一体どのような場合に起こるのでしょうか。細かな点も含めてご紹介していきたいと思います。


1.同じ写メを重複して使っている 


写メ日記は、店舗によって1日2回から、多いところで5回〜保証額×回数という規定が設けられています。


回数が多ければ多いほど写真を用意することが難しいためか、文章だけ変えて、同じ写メを何度も使ってしまう、という女性が多くいらっしゃいます。


この、写メの重複という行為が、多くのお店でNGとされていて、保証1日分カット、という事態を引き起こしてしまうのです。


最終日まで知らずに写メを使い回し続けて、保証が全く貰えなかった、というご相談を受けることが多いため、是非頭に入れておいてください。


2.他の女性に自分の保証額を話してしまった 


同じ車に乗り合わせた女性と親しくなった、待機場で仲良くなった、という場合があります。店舗のキャスト同士で親しくなることはとても良いのですが、互いに踏み入れてはいけない領域があります。


それが出稼ぎの保証や、単価などの条件について、です。


ご存知の通り、出稼ぎ風俗の場合、女性によって保証額や単価がバラバラで、不平不満が無いように、互いにそれらの条件を口止めされています。


もし、自分と似たような女性なのに、何らかの具合で仲良くなった女性が、自分よりも条件が良いことが判明したら、どのような気持ちになるでしょうか?


逆に、自分よりも条件が低い女性が、あなたの条件を聞いたら、どのような思いが生まれるでしょうか?


互いに内緒で、と信用していたはずなのに、相手からお店側にチクられて、保証の取り消しや、途中帰還を余儀なくされるケースがこれまでに何度もありました。


親しくなったとしても、同じ店で働いている期間中は、誰にも保証額や単価を伝えてはいけません。


3.お客さんに本番行為を迫り、お金を貰おうとした 


俗に言う、うらっぴきと呼ばれる行為で、お店の常連客を通じてバレることがほとんどです。


一度だけなら、何かの間違いかもしれないと大目にみてくれるお店もありますが、二度三度と続けば、確実に保証は無し、即クビ、という事態に陥ります。


デリヘルの場合、本番行為は禁止されています。女性から本番行為を迫ってうらっぴきを行うことは、犯罪となるために、絶対に気をつけて下さい。



以上、保証が貰えなくなるトラブル例として、よくある三つの例を挙げました。


読者の皆様は、保証が貰えないトラブルを避ける為、是非こちらの記事を参考にしてみてください。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com


ご案内 : この記事の作者のスカウトマンの紹介




10月は保証が大きく割れてしまった、という女性の声を多く耳にします。大分マシにはなりますが、11月の半ばくらいまで暇な時期が続くため、出稼ぎ風俗特有のトラブルが起きやすくなっています。


一番の大きなトラブルは、「保証割れによる、保証の未払い」です。


普段は、保証が割れても何の諍いもなく、保証を支払ってくれるお店も、暇な時期には保証を出し渋るケースがあります。


理由は、一人二人の女性が保証割れしたならともかく、大多数の女性の保証が割れてしまっているからです。


一人の保証割れ分が10万近くある場合、五人で50万の支払いをしなければいけなくなると、店の規模によっては、キャッシュが回らなくなります。


そのため、少しでも理由をつけて、保証の支払いを無くしたり、少なくするのです。


これらのトラブルを防ぐため、大事な点をご紹介したいと思います。


◆面接時の契約書をしっかり読み込む
image


面接時に、必ず契約書を交わしますが、この契約書の内容をしっかり読み込み、分からない部分はメモをしたりし、質問することが重要です。


あからさまにおかしなルールや、女性に不利な条件が盛り込まれている場合、間に入ってもらっているスカウトマンに相談しましょう。


保証時のトラブルでは、必ずこの契約書が持ち出されるため、細かく読まなかったばかりに、保証が大幅にカットされてしまうため、是非注意してください。


◆口頭で変化した条件などは、メールやlineに送ってもらう

image


口頭や電話口で条件が変化したり、付け加えられた場合は、「伝えて頂いた内容を残しておきたいので、お手数おかけしますが、メールかlineで再度頂けますか?」と丁寧に伝えましょう。


お店としても、こちらを信用しないのか、と決していい気分にはならないため、下手に出て、遠慮がちに伝えることが重要です。


一度メールやlineに、変化した条件の内容の記載があれば、保証の支払いのときに大事な証拠になります。


上記の二つを心がけて、保証割れの支払いトラブルを防ぎましょう。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com




本日は、数ある出稼ぎ風俗店舗の中で、どのようなお店がトラブルになりやすいか、潰れる可能性があるのか、危険なお店の特徴を、女性から伺ったお話を参考に、ご紹介していきたいと思います。


◆オーナーや店長が、必要以上に慣れ慣れしい 

image


オーナーや店長などの現場レベルで一番上の立場の人間が、やたらと慣れ慣れしいお店は、警戒しておく必要があります。


もちろん、出稼ぎに何度も行っている中で親しくなる、という場合は問題ないのですが、初対面からものすごく距離が近い人間というのは、少しのトラブルや問題を「裏切られた!」と思い込み、大きなトラブル、問題に発展させがちだったりします。結果的にそれが、保証を出さないなどのトラブルに繋がっていきます。


また、初対面からお店のキャストである女性に対して慣れ慣れしさが過ぎるのは、プライベートと仕事を分けて考えていないというパターンもあります。


自分が保証を出してやってるんだ、という思いが強すぎて、独占欲が湧いたり、感情が入りすぎているために、自分の思い描いている仕事のビジョンを押し付けて、反発されると怒ってしまうというようなケースが、実際に何度かあります。


オーナーや店長の振る舞いや女性との距離の取り方を注意して見ておくと良いです。



◆暇なお店より、お金が無いお店が危ない 

image


大体どこのお店にも、暇な時期というのはあります。たとえば8月のお盆が終わり、9月の前半などは大抵暇なお店が多く、女性からすると、このお店は暇だから潰れるだろうと思ってしまうのも仕方が無い話です。


しかし、そんな暇なお店よりも危険なのは、お金が無い、いわゆる資金繰りが悪い、資金力の無いお店です。


暇なお店も悪い時期が過ぎれば集客が回復する可能性はありますし、お金があれば広告を打つことも可能です。


ところが、すでに資金が尽きてしまっているお店は、利益が上がらず広告も打てなくなり、保証を出して女性を求人で集めることもできず、結局、保証が未払いで潰れてしまう、という負の連鎖の果てに最悪の結果に陥ります。


とはいえ、女性の目線から、どこのお店がお金が無い、ということはなかなか分かりづらかったりします。


その場合は、スカウトマンや仲介業者などに、「あそこの店って過去に集金の不払いとかあった?」などと質問してみましょう。


スカウトマンや仲介業者に払うお金を滞らせている店舗は、それが何回も続いている場合に、すでに資金が尽きかけている可能性があります。


もちろん、持ち直して集客が盛り返しているお店もありますが、潰れてしまうお店は、何らかのお金の支払いを滞らせる特徴があるのです。


このように、危険なお店の特徴というのは、どこの県だろうと、共通しているものです。


出稼ぎに行かれる際は、是非注意して、今後のリピート店舗を選ぶ際の参考にしてみてください。

↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com



前回に引き続き、今回は風俗でクビにならないための、サービス面についての注意をご紹介したいと思います。


風俗では、同じような内容のクレームが頻繁に入った場合、またクレーム内容を注意しても改善されない場合に、クビになるケースがあります。


折角お店に慣れてきたのに、本指名が増えてきたのに、クビになってしまったと嘆く女性がいらっしゃいます。


あなたのサービスでも良いと満足されるお客様がいたとしても、クレームを出すくらいに不満足だったというお客様がいると、お店としても在籍し続けてもらうことを考えなくてはいけなくなります。


では、どのようなサービスでクレームがきてしまうのか、具体的な例を挙げてご紹介したいと思います。


◆すぐにイカせようとする 

image


お客様も、女性の前だと言いづらいことがあります。その一つが、すぐにイカせようとしてくるサービスです。


30分などのショートコースであれば問題ありませんが、多くの女性が、すぐにフェラや素股などでお客様をイカせようと頑張ってしまうのではないでしょうか?


その場ではあまり指摘できないお客様も、60分のコースで最初の30分以内にイカされてしまった場合、後にクレームを出すことが、多くみられるようです。


こちらを避けるポイントとして、焦らしプレイを覚えることが重要です。


たとえば、すぐに局部(乳首やぺ◯ス)を舐めるのではなく、その周りからじわりじわりと舐めていくことで、時間を稼ぐことができます。


多くのお客様は、こうやって欲しいということを恥ずかしさのあまり、うまく伝えることができません。


しかし、風俗で45分、60分、またはそれ以上のコースを楽しみたいと考えている以上、そのような焦らしプレイを期待していることがほとんどなのです。


焦らしプレイを覚えることができれば、サービス面でのクレームの大半は無くなります。そのくらい、焦らしてプレイすることが重要なのです。


 ◆プレイ中にやる気の無さが見えたり、文句を言う
image


次に多くあげられるクレームは、プレイ中のやる気の無さや、女性からの文句です。


プレイ中にあまりイカせる気がない素振りをしたり、お客様が萎えてしまったことに文句を言い、こんなんじゃイカせられない、などと言ってしまうことで、後々に大きなクレームとなることがあります。


何度も繰り返しますが、お客様は女性の前で本音を言えないことがほとんどです。その場では大丈夫、などと話していても、後でお店に対して文句を言ったり、クレームをつけることが十分にあり得るのです。


次回、さらに細かいクレームや、その対処法についてご紹介したいと思います。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

このページのトップヘ