出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

カテゴリ: スカウト日記


前回、出稼ぎ風俗からパパ活や愛人交際クラブに転向した女性たちについて、記事をご紹介しました。
http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/50012411.html


今回は、そんな女性たちが、ここ一年ほどで、再度出稼ぎ風俗に戻ってきた理由について、考察を続けていきたいと思います。


パパ活や愛人交際クラブに登録することにより、特定の男性客にターゲットを絞った女性たちが、なぜまた出稼ぎ風俗の業界に戻ってきているのでしょうか?


パパ活や愛人交際クラブで特定の男性客を掴んだ女性たちは、毎月いくら、という形で愛人契約を結ぶ場合が多く、月額10万から20万が平均の相場であることを、複数の女性への調査から知ることができました。


そのため、希望金額に合わせて3人から5人程度の「愛人」を顧客として、30万〜80万ほどの金額を稼ぐことで生計を立てているのが、元出稼ぎ風俗嬢たちのパパ活の実態です。


(パパ活や交際クラブを生業としている女性の中にはもちろん、一人の客で月に30万から、300万などの金額を手当てとして貰っているケースも存在しています)


数人の男性客の交際だけで、それだけの稼ぎが得られるのであれば、それで良いのではないかと普通は考えるでしょう。しかし、出稼ぎ風俗で稼いでいた女性たちの大半は、次第に二つの大きな壁にぶつかっていきます。


一つ目の壁は、愛人相手の「飽き」です。


そもそも、女性に毎月お金を渡して囲おうと考えている男性の多くは、素人の女性を好み、安定した関係を望んでいます。


しかし、元風俗嬢が素人女性を演じきるのは難しく、さらには素人の女性よりも多額な金額を求めることが多いために、前述した通り、複数の男性を相手にすることになり、月を経るごとに相手の男性客に正体を勘付かれてしまうケースが多いようです。


そうすると、数人いた「パパ」も数ヶ月のうちに関係が切れてしまい、また新しい客を見つけなければいけない羽目になります。


実際、素人の女子大生や一般OLは、一人のパパから貰う10万から20万、多くて30万ほどの手当で満足するケースが多く、さらには援助してくれるパパを本当に好きになっていることが多いため、継続的な関係を何年も保っているようです。


新しいパパを見つけることは、さほど簡単ではありません。次のパパを見つけるくらいなら、ひとまず目の前の生活費のために一週間だけ出稼ぎに行こうと考えて、パパ活から次第に離れていくのが実情のようです。


二つ目の壁は、継続的な関係に向いていない、という点にあります。


パパ活の醍醐味は、数ヶ月などではなく、年単位のスパンで継続的な関係を愛人と結ぶことで、安定的な収入を得ることだと言えます。


しかし、出稼ぎ風俗嬢たちの多くは、直接的な結びつき、つまり二人だけの関係に慣れていないため、どうしても関係がぎこちなくなってしまうようです。


これまでは本指名のお客様に対しても、あくまでも風俗店舗を介して、継続的な関係を結んでいたために、安全性や距離感が程よく保たれていました。


しかし、パパ活においては、継続的な関係を結んだ後、第三者が介入することはありません。


そのために、愛人からの嫉妬や束縛に耐え切れなくなる女性が続出しているのです。


本命の彼氏がいたり、ホスト遊びをしている女性からすると、愛人からの嫉妬や束縛を容認することができないために、愛人関係を断ち切る必要に迫られます。


こうして、パパ活は不向きだと知った女性たちが、出稼ぎ風俗に戻ってきているというのが、ここ最近の加熱する出稼ぎ風俗ブームに拍車をかけているようです。


結局パパ活や交際クラブというのは、素人の大学生やOLが、自分の生活をワンランク向上させるため、お金をくれる交際相手を求めるために行うことが一番健全で、それ自体で多額の金額を稼ごうと考えるには、パパ活を生業としている女性のように、多くのコツやスキルが必要とされます。


出稼ぎ風俗で働く女性たちは、手っ取り早く稼ぎたい、短い期間で一気に稼ぎたい、という思考で動くことが多いため、キャバクラなどの水商売はもちろん、パパ活などが向いていないのかもしれません。


今回は、過去に出稼ぎ風俗嬢として働き、一度は愛人を作ったものの、また出稼ぎ業界に戻ってこられた複数の女性の話を参考に、記事をまとめてみました。


滅多に表に出てくる話ではないため、これから愛人を作ろうと考えている男性も、パパ活を始めてみようと交際クラブを探している女性も、是非参考にしてみてください。



↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com


「パパ活」や「交際クラブ」という職業が世間に認知されるようになったのは周知の通りだと思います。


名前の定義付けこそは最近ですが、キャバクラや風俗で働く女性にとっては、昔から「うらっぴき」と呼び、本業(彼女たちにとってはキャバクラや風俗)以外での収入源として、馴染み深い手法の一つに過ぎませんでした。


しかし、現在流行りのパパ活や交際クラブとは、これまでに風俗などの経験がない一般の女性たちが、お小遣い稼ぎ、または生活費を稼ぐためにこれらの行為に準じ、たいていはセックスを商品として、周囲にバレぬように行うものとして、認知されているようです。


不特定多数を相手にすることなく、特定の男性数人のみをターゲットにするため、キャバクラや風俗と比べてより匿名性の高い、新しい形の風俗の一種だと定義づけることが出来ます。


それらのネットワークが既存の風俗業者やAV業界の人間の手によって、万全の体制で轢かれ始め、女性たちが手軽に飛び込めるようになったこともあり、パパ活も交際クラブもそれぞれの業者が次々と誕生しているようです。


もともと出稼ぎ風俗という働き方も、自分の出身地や住まいとは全く関係のない地域で働くことで、周囲バレを気にせずにいられる、匿名性を保てる、という考えのもとに広がりを見せ、一大ブームとなった背景があります。


そのような文脈から、出稼ぎ風俗嬢たちがより匿名性の高い「パパ活」や「交際クラブ」に流れていくのは、不思議なことではありません。


そうして、かつて出稼ぎ風俗嬢だった女性が、パパ活や交際クラブに転職するという流れが、昨年から少しづつ浸透し始めています。


このパパ活や交際クラブにおいては、元風俗嬢という肩書きを捨てて、「OL」「女子大生」「ネイリスト」「アパレル」などの偽の肩書きを得る必要があります。


なぜなら、パパ活や交際クラブの客は、「素人の女性」が担保されていることを前提として、彼女たちを買っているためです。


つまり、風俗で働いていた女性は、好む好まざるを関係なく、「職業ロンダリング」をする必要に迫られ、過去の風俗歴を秘匿し、昼職の女性に成り済ますようになりました。


こうして元風俗嬢の女性たちは、特定の数人の男性客だけからお金を引っ張る、専属風俗嬢へと転身していったのです。


しかし、今年に入り、一部の女性を除いて、多くの女性たちがまた出稼ぎ風俗という働き方に戻っていきました。


その理由は次回の記事でご紹介します。


パパ活や愛人交際クラブから、出稼ぎ風俗に戻ってきた女性たち
http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/50060923.html


昨日、マレーシアのSPAの風俗のクオリティに気勢を削がれた形となったが、今夜は一転して、クラブ形式の娼婦が集まるバーに行くことにした。


有名な店が、こちらのビーチクラブである。生演奏バンドの演奏が外にも響き、所々に娼婦が佇んでいる姿が伺える。

IMG_6676


入場は40リンギット。日本円で千円で、再入場も可能だ。ドリンクが一杯だけついている。


中に進むと、生演奏バンドの音が店内中に鳴り響き、フロアの一部が盛り上がっている。白人や中華系の男性客が多く、白人にはわりかし可愛い子が付いていて、キスしたり、一緒に楽しそうにお酒を飲んでいる。


昨日に比べて何やら楽しそうな雰囲気に圧倒されながら、私たちはお酒を頼んでテーブル席に座った。酒代はわりと高く、一杯20リンギットから50リンギットくらい。

IMG_6674



マレーシア人っぽい子と目が合い、話をする。英語は昨日のSPAの子たちよりも話せるらしく、話せないときは彼女のスマホでマレー語を英語に翻訳して、画面をみせてくる。


年齢などを少し話していると、「どこのホテルに泊まってるの?」と尋ねられ、答えると、「一緒に行きたい」と言う。もちろん、金が発生するのだが、この一連のやりとりのくだりがあるだけで、まるでクラブで女性を惹きつけて、お持ち帰りするようなドキドキ感が得られた。


胸も大きく、愛嬌もある子だったが、他の女性も見たかったため、後で考えて、他の女性を見てから決める、と拙い英語で伝えると、残念そうな顔をしつつ、しばらく後をついてくるので、少し強めに、後でまた声をかけるよ、と強調して、別の女性に声を掛ける。


ダイヤモンド型の目が印象的な派手な美人な女性で、ベトナムから来ているらしい。マレーシアに来て、3日目と言っていた。ベトナムでは、マレーシアに出稼ぎに行くことが一般的らしい。世界的にも出稼ぎが広まっていることを改めて痛感した。


しばらく話していると、「ハウマッチ?」とこちらから値段を聞くことにする。オールナイトで800リンギット、といわれ二万円は高いなと感じたので、1時間でいくら、と聞くと、500リンギットと伝えられた。



そこまで好みのタイプでも無かったため、友人と近くの「タイクラブ」へ向かう。ここも料金もシステムも全て一緒だが、ビーチクラブの娼婦の方がレベルが総じて高いような気がした。そのため、すぐにタイクラブを後にして、ビーチクラブへ戻る。


夜3時までらしく、時刻も1時半を過ぎているため、女性陣も必死のようだった。ここで客を引けなければ、出稼ぎの女性にとっては稼ぎに大きな影響が出るのだろう。女性たちも必死だ。



一人、中華系の物凄い美人がいた。スタイルも抜群で、モデルのような顔立ちと出で立ちだった。彼女は同じ中華系の金持ちそうな男性に買われてしまい、手を引かれて店を出て行ってしまった。


その様子に焦った私は、先ほどのダイヤモンド型の目をしたベトナム人を見つけ、彼女から再度熱いアプローチを受けて、「セックスは好きなの?」という質問を一応して、「大好きよ!」と言う彼女を信じることにした。

IMG_6685


ビーチクラブを出ると、タクシー運転手が群がってくる。どうやら彼らを使うのが一般的なようだが、タクシーアプリのGRABを利用した場合の料金よりも倍近く値段が高いため、なんとか振り切ってアプリでタクシーを呼んだ。



そうして部屋へ。先に500リンギットを払い、一緒にシャワーを浴びるのかと思いきや、私だけシャワーを浴びて、すぐにプレイとなった。


ベットの上で彼女から全身リップを施してくれ、キスやこちらからのタッチにも嫌そうな素振りを見せない。


SPAとは大違いのサービスぶりだった。もしかしたら、ベトナムという国民性が関係しているのかもしれない。


まるでクラブで異国の女性を引っ掛けて、連れ帰ったような気分を味わったまま、いよいよセックスへ。


そこでも彼女はしっかりとした盛り上がりを見せてくれた。SPAの子は、大げさに喘ぎ、大げさな反応を見せていたが、この子はふつうに感じているように錯覚させてくれて、情緒を感じさせてくれる。


セックスが終わったあと、タクシー代を50リンギット欲しいと言われた。30リンギットだけ渡すと、ありがとうと、白い歯を見せてくれて、キスを交わす。


別れ間際まで、ハグしたりキスしたりと、とにかく愛情を感じさせてくれる女性だったので、かなりの満足感を得ることができた。



ということで、マレーシアの風俗はSPAより値段は張るが、私は連れ出し系クラブの、ビーチクラブやタイクラブがオススメする。


マレーシアに行かれる読者諸君は、是非一度試しに行ってみて欲しい。

先日、マレーシアのクアラルンプールに観光に行ってきた。その際、現地の風俗を二タイプ利用したため、これから訪れる方のためにわかりやすくご紹介したいと思う。


マレーシア首都、ブキッビンタン近くには、リッツ・カールトンなどの有名なホテルや、商店街が立ち並ぶ。そのおおよそ風俗街には程遠い、商業施設が立ち並ぶ一角に、SPAが存在する。

IMG_6681


中には裏通りの目立たぬ場所に存在するSPAもあったが、レベルがある程度高く、有名なジェネシスというSPAはHSBC銀行がオフィスを構えるビルの7階にあった。


移動は徒歩でも可能だが、GRABというタクシーアプリを使うと、通常よりも安く、運転手も格付けされているため、対応が良いのでオススメする。


基本的に治安はよく、危ない感じは一切しないが、さすがに誰も通らないような裏道は避けるのが賢明だ。私は滞在中、一度も危険な思いをすることは無かった。



中に入るとレストラン風の店内が覗き、ドリンクや食事を頼んで座る。


女の子を見せて、と英語でいうと、奥の方に座っている女性や、部屋の奥から八人ほどの女性が現れて、テーブルの前にずらっと並列で並ぶ。


ニコニコして愛嬌を振りまく女性もいれば、虚ろな視線を向ける者、目で訴えかけてくる者がいて、私はその中でなるべくスタイルの細い女性を選んだ。

IMG_6683


値段は288リンギット。日本円で約7500円なので安い。


一度準備のためか引き下がり、しばらくすると、手招きをされて、手を繋いで薄暗い階段を降りていく。


肌は白く、胸は細い割りに大きい。整形しているのか、顔だちも整っている。


降りた先の左の個室の前に、監視役の男性が座っていて、彼女に手を引かれて個室へ入る。


右手にシャワールーム。一段高くなった場所にベッドがあり、右横にタオルが積まれていた。


服を脱がされると、シャワールームに連れていかれて身体を洗われる。その後、マットにうつ伏せになり、胸を使ったマッサージが行われた。うつ伏せの次は仰向け。


細いと思っていた身体だが、お腹周りだけ異常に太く、妊娠中なのではないかというくらいぽっこりと出ていた。日本人には無い体型だ。


一通り終わると、ベッドの上に案内される。簡単な全身リップ。しかし、舐めてしばらくすると、袋の中に、「ペッ」と吐き出し、しばらくすると強引にゴムを付けて、騎乗位でイン。


キスもダメだし、こちらから触るのもあまりNGらしい。どうも機械的な感じのプレイが続き、心が冷め切ってくる。


とはいえ、旅行にきてから二日間抜いていないため、しばらくすると気持ちとは裏腹に、果ててしまった。


その際に、「大きいねー」「すごいよー」みたいな物凄くお世辞を言われ始める。何かあるなと勘ぐっていると、案の定、チップの要求だった。


50リンギット、約1250円を要求されるが、結局20リンギットだけ渡した。途端に顔つきが険しくなり、別れの挨拶も告げないほど態度が豹変した。


スタッフの対応は総じて悪くなく、簡単な英語で通じる。当たり外れがあるとはいえ、マレーシアのSPAはもろに娼婦という印象を受けた。


ところが、翌日に行った「エイトクラブ」というクラブ形式のバーのようなお店は、全てが違っていた。


続きは次回更新します。






出稼ぎ風俗という業態が発生したのは、そもそも30年以上前に遡る。


当時は、借金で首が回らなくなった女性が、都心から地方の温泉街のソープに身請けされるといった流れで、「出稼ぎ」という形があり、「地方に飛ばされる」といった意味合いが強く、ネガティブなイメージが付き纏っていた。


その後、沖縄などのちょんの間(現在は全て閉業)と呼ばれる短時間で本番をする店舗に、ホストや闇金経由で身請けされる女性が増え始める。闇金ウシジマくん7巻でも同じような状況が描かれているが、実際、ちょんの間だけではなく、米兵相手の本番店なども当時は盛んで、大金欲しさに自ら進んで志願する女性も少なからず存在していた。
image


そのような過去の経緯から、10数年ほど前までは出稼ぎ風俗という単語がメジャーなものではなく、裏風俗的な意味合いや、前述した通り、ネガティブなイメージのものに過ぎず、当時のスカウトマンの立場でも、とてもじゃないが、出稼ぎを女性に勧めることができる風潮には無かった。


◆茨城などの箱型ヘルスで、出稼ぎブームの兆しが見え始める


2006年頃から、茨城などの箱型ヘルスで、出稼ぎの走りとなるような求人募集が始まった。主に土浦などを中心とした箱型ヘルスが多く、どんな女性でも採用可能で、寮付きで働けるため、住む場所に困っている女性や、他のお店では採用が難しかったり、稼げない女性でも、喜んで迎え入れてくれるといった内容だった。


今とは違い、都心で働く女性も、見知らぬ地域に一人で面接に向かう、といった習慣が無かったため、面接にはスカウトマンも同行して、現地まで付き添う必要があった。そのため、費やす時間や電車代を考慮して、3万円前後の現金を即金でスカウトマンに支払う店舗が現れ始め、「地方に女性を飛ばす」といった風潮が少しづつ、スカウトマンの間に定着していった。

新宿スワンという漫画の中でも同様のシーンが再現されており、その時期を前後に、出稼ぎブームの兆しが見え始めたように思う。

余談ではあるが、私自身、一度だけ女性の面接の同行で茨城に出向いた経験がある。特急電車の車窓から覗く、田舎の風景を見ながら、横に座る女性の緊張感が伝わり、茨城行きが女性からの希望だったにも関わらず、何故だが僅かながらの罪悪感を感じたことを覚えている。


女性側の視点に立っても、容姿に自信がない女性、過剰に肥っている女性にとっては、住む場所と、稼げる環境が整っているというのは、願ってもない条件だったらしく、希望する女性が殺到していた。保証という概念が無かったにせよ、確実に稼げることを考えれば、一定の期間我慢して田舎で働いて、大金を持って歌舞伎町に戻ってくるという行動を、同業の女性やホストたちを前にして、ステータスに感じている女性もいるようだった。


◆鳥取や島根などの山陰地方、徳島や高知などの四国を中心に出稼ぎが始まる


次第に田舎へちょっとした「出稼ぎ」に行くことの抵抗が女性の中で薄れていき始めた頃、鳥取や島根、徳島や高知などの関東から大きく離れた地方で、容姿レベルが優れている女性に対し、出稼ぎの募集が始まった。

それまでの風俗の概念として、容姿レベルが優れている女性は、東京や名古屋、大阪などの大都市でしか稼げないというものがあった。


しかし、田舎の風俗では見かけないレベルの女性、東京からAV女優がやってきた、などの触れ込みが功を奏し、値段が高くても利用してみようという客が増え始めた。わざわざ大都市に出向かなくても、気軽に東京の綺麗な女性と遊べる、という新機軸の発想が大受けし、出稼ぎ風俗店舗側も1日の保証額を定めて、半分は赤字覚悟で東京の女性の募集に本腰を入れ始めたのだった。


そのような動きに、いち早く敏感に動いた一部のスカウトマンと、女性たちが、現在の出稼ぎの先駆けとなった。月を経て年を跨ぎ、それらの動きや流れが少しづつ全国へと広がっていった。

こうして現在、過剰ともいえる出稼ぎブームが全国で沸き起こっている。すでに供給過多になっている地域もあり、暇な時期などは女性を受け入れる枠が空かないほど、全国から別の県へ、別の地方へと出稼ぎ先を求める女性で溢れかえっている。


次回は出稼ぎの今後について、考察していきたい。

このページのトップヘ