出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

2017年05月



出稼ぎ風俗に行き始めて、すでに5年目、6年目という女性が増えています。


中でも、2、3年目という方が最も多いのではないでしょうか。


そうした女性たちの中で、同じお店にリピートしているのに、徐々に稼げなくなった、以前と同じ条件で行っているのに、稼げないお店に当たることが多い、と悩まれる方からのご相談を頂くことが度々あります。


そのような場合、対策は二つあります。


一つ目は、同じ保証額の複数の候補店の中から、単純に引かれものが少ない、交通費を一週間で往復出してもらえるなど、条件面で選ぶのではなく、集客が多いお店、女性からの評判が良いお店を重視して選ぶ、という方法です。


たとえば、A店では、保証から引かれるものが雑費寮費合わせて3000円だけで、交通費も一週間で往復が出るとします。


同じ保証額のB店では、雑費が5パーセント、寮費が3000円で、交通費の往復は十日間以上。


比べるまでもなく、条件はA店の方が良いですよね。


しかし、集客の多さや、女性からの評判はどちらが良いのかを聞いてみると、圧倒的にB店が良いようです。


確かに、トータルの手取りではA店の方が良いかもしれません。稼げないと仮定したときに、少しでも金額が高いのは、A店なので、A店へ行く方が安心できますよね。


けれど、実際は集客や評判が良いB店の方が断然に稼げるとしたら、どうでしょうか?


このように、今、稼げていないという方は、別の選択肢を選ぶことも、稼ぎが変わるきっかけの一つになりえます。


条件面で決めるのではなく、集客や評判の良さを一つの指標として重要視することも大事なのです。


二つ目は、エリアや条件面、プレイの幅を広げることです。


たとえば、今までは60分1万以上、保証は5万以上で探して、出稼ぎに行っていたとしましょう。


ところが、60分8000円や9000円で保証はそのまま、もしくは保証も5000円だけ落としてみることによって、今までよりも稼げるお店に巡り会えた、というケースが多々あります。


プレイ面で、シャワー後の洗体済みのフェラも可能にしたことで、お店の幅が広がり、今までよりも稼げている、という女性もいらっしゃいます。


沖縄や北海道など、住んでいる地域から飛行機でしか移動できないエリアはNGにしていたけれど、それらを解禁し、遠方のエリアへ行くことによって稼げた、という方も多くいます。


単価や保証額というのは、確かに重要な条件面の一つではあります。しかし、その条件で行き続けていくうちに、段々と稼げなくなってしまったと悩まれる方は、一度、条件面を見直してみて、選択肢の幅を広げることも、結果的にはプラスになることがあるのです。



上記の二つの方法を選ぶのは、勇気がいるでしょう。けれど、最近出稼ぎで稼げなくなってしまった、と悩まれている方は、是非一度だけでも考え方を変えてみることをお勧め致します。



↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com


ご案内 : この記事の作者のスカウトマンの紹介



前回、出稼ぎ風俗からパパ活や愛人交際クラブに転向した女性たちについて、記事をご紹介しました。
http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/50012411.html


今回は、そんな女性たちが、ここ一年ほどで、再度出稼ぎ風俗に戻ってきた理由について、考察を続けていきたいと思います。


パパ活や愛人交際クラブに登録することにより、特定の男性客にターゲットを絞った女性たちが、なぜまた出稼ぎ風俗の業界に戻ってきているのでしょうか?


パパ活や愛人交際クラブで特定の男性客を掴んだ女性たちは、毎月いくら、という形で愛人契約を結ぶ場合が多く、月額10万から20万が平均の相場であることを、複数の女性への調査から知ることができました。


そのため、希望金額に合わせて3人から5人程度の「愛人」を顧客として、30万〜80万ほどの金額を稼ぐことで生計を立てているのが、元出稼ぎ風俗嬢たちのパパ活の実態です。


(パパ活や交際クラブを生業としている女性の中にはもちろん、一人の客で月に30万から、300万などの金額を手当てとして貰っているケースも存在しています)


数人の男性客の交際だけで、それだけの稼ぎが得られるのであれば、それで良いのではないかと普通は考えるでしょう。しかし、出稼ぎ風俗で稼いでいた女性たちの大半は、次第に二つの大きな壁にぶつかっていきます。


一つ目の壁は、愛人相手の「飽き」です。


そもそも、女性に毎月お金を渡して囲おうと考えている男性の多くは、素人の女性を好み、安定した関係を望んでいます。


しかし、元風俗嬢が素人女性を演じきるのは難しく、さらには素人の女性よりも多額な金額を求めることが多いために、前述した通り、複数の男性を相手にすることになり、月を経るごとに相手の男性客に正体を勘付かれてしまうケースが多いようです。


そうすると、数人いた「パパ」も数ヶ月のうちに関係が切れてしまい、また新しい客を見つけなければいけない羽目になります。


実際、素人の女子大生や一般OLは、一人のパパから貰う10万から20万、多くて30万ほどの手当で満足するケースが多く、さらには援助してくれるパパを本当に好きになっていることが多いため、継続的な関係を何年も保っているようです。


新しいパパを見つけることは、さほど簡単ではありません。次のパパを見つけるくらいなら、ひとまず目の前の生活費のために一週間だけ出稼ぎに行こうと考えて、パパ活から次第に離れていくのが実情のようです。


二つ目の壁は、継続的な関係に向いていない、という点にあります。


パパ活の醍醐味は、数ヶ月などではなく、年単位のスパンで継続的な関係を愛人と結ぶことで、安定的な収入を得ることだと言えます。


しかし、出稼ぎ風俗嬢たちの多くは、直接的な結びつき、つまり二人だけの関係に慣れていないため、どうしても関係がぎこちなくなってしまうようです。


これまでは本指名のお客様に対しても、あくまでも風俗店舗を介して、継続的な関係を結んでいたために、安全性や距離感が程よく保たれていました。


しかし、パパ活においては、継続的な関係を結んだ後、第三者が介入することはありません。


そのために、愛人からの嫉妬や束縛に耐え切れなくなる女性が続出しているのです。


本命の彼氏がいたり、ホスト遊びをしている女性からすると、愛人からの嫉妬や束縛を容認することができないために、愛人関係を断ち切る必要に迫られます。


こうして、パパ活は不向きだと知った女性たちが、出稼ぎ風俗に戻ってきているというのが、ここ最近の加熱する出稼ぎ風俗ブームに拍車をかけているようです。


結局パパ活や交際クラブというのは、素人の大学生やOLが、自分の生活をワンランク向上させるため、お金をくれる交際相手を求めるために行うことが一番健全で、それ自体で多額の金額を稼ごうと考えるには、パパ活を生業としている女性のように、多くのコツやスキルが必要とされます。


出稼ぎ風俗で働く女性たちは、手っ取り早く稼ぎたい、短い期間で一気に稼ぎたい、という思考で動くことが多いため、キャバクラなどの水商売はもちろん、パパ活などが向いていないのかもしれません。


今回は、過去に出稼ぎ風俗嬢として働き、一度は愛人を作ったものの、また出稼ぎ業界に戻ってこられた複数の女性の話を参考に、記事をまとめてみました。


滅多に表に出てくる話ではないため、これから愛人を作ろうと考えている男性も、パパ活を始めてみようと交際クラブを探している女性も、是非参考にしてみてください。



↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com


「パパ活」や「交際クラブ」という職業が世間に認知されるようになったのは周知の通りだと思います。


名前の定義付けこそは最近ですが、キャバクラや風俗で働く女性にとっては、昔から「うらっぴき」と呼び、本業(彼女たちにとってはキャバクラや風俗)以外での収入源として、馴染み深い手法の一つに過ぎませんでした。


しかし、現在流行りのパパ活や交際クラブとは、これまでに風俗などの経験がない一般の女性たちが、お小遣い稼ぎ、または生活費を稼ぐためにこれらの行為に準じ、たいていはセックスを商品として、周囲にバレぬように行うものとして、認知されているようです。


不特定多数を相手にすることなく、特定の男性数人のみをターゲットにするため、キャバクラや風俗と比べてより匿名性の高い、新しい形の風俗の一種だと定義づけることが出来ます。


それらのネットワークが既存の風俗業者やAV業界の人間の手によって、万全の体制で轢かれ始め、女性たちが手軽に飛び込めるようになったこともあり、パパ活も交際クラブもそれぞれの業者が次々と誕生しているようです。


もともと出稼ぎ風俗という働き方も、自分の出身地や住まいとは全く関係のない地域で働くことで、周囲バレを気にせずにいられる、匿名性を保てる、という考えのもとに広がりを見せ、一大ブームとなった背景があります。


そのような文脈から、出稼ぎ風俗嬢たちがより匿名性の高い「パパ活」や「交際クラブ」に流れていくのは、不思議なことではありません。


そうして、かつて出稼ぎ風俗嬢だった女性が、パパ活や交際クラブに転職するという流れが、昨年から少しづつ浸透し始めています。


このパパ活や交際クラブにおいては、元風俗嬢という肩書きを捨てて、「OL」「女子大生」「ネイリスト」「アパレル」などの偽の肩書きを得る必要があります。


なぜなら、パパ活や交際クラブの客は、「素人の女性」が担保されていることを前提として、彼女たちを買っているためです。


つまり、風俗で働いていた女性は、好む好まざるを関係なく、「職業ロンダリング」をする必要に迫られ、過去の風俗歴を秘匿し、昼職の女性に成り済ますようになりました。


こうして元風俗嬢の女性たちは、特定の数人の男性客だけからお金を引っ張る、専属風俗嬢へと転身していったのです。


しかし、今年に入り、一部の女性を除いて、多くの女性たちがまた出稼ぎ風俗という働き方に戻っていきました。


その理由は次回の記事でご紹介します。


パパ活や愛人交際クラブから、出稼ぎ風俗に戻ってきた女性たち
http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/50060923.html



出稼ぎ風俗に行って、失敗してしまったという経験はあるでしょうか?


正直な所、出稼ぎ風俗で一度も失敗した目に遭っていない女性は少ない、というのが現状です。


もちろん、気に入った1店舗をずっとリピートしている分には問題ありませんが、毎回新しいお店を探される女性は、過去に一度や二度は出稼ぎの苦い思い出があるようです。


なぜなら、誰もが絶対に気に入る、というお店がほとんど存在しないためです。


私自身、ご案内している中で、確率的にこのお店は女性からの評判が良い、というリストを作成していますが、人気度が高いからとはいえ、全ての女性が気にいるとは限りません。


スタッフが優しい店も、優し過ぎて距離感が近くて面倒臭い、と思われる女性もいれば、


集客が多く稼げるお店でも、忙しすぎて疲れる、もっと楽な店がいい、と思う女性もいらっしゃるからです。


しかし、それ以上に出稼ぎ風俗での失敗があまりにも多い、という方が稀にいるようです。


そんな女性の特徴とは、



1.いつもギリギリ1日前、2日前などにお店を探す方

2.友達の紹介や、スカウトマンの紹介ではなく、求人サイトだけを頼る方

3.お店を比べる時に評判は気にせず、保証の高さだけで選ぶ方

 
などが当てはまる方が多いです。


1の急遽お店を探す、ということも可能は可能なのですが、どうしても枠が空いてるお店が少なく、キャンセル空きのお店を待つことが多くなり、毎回毎回すぐすぐでお店を探す、というのはオススメできません。


2の求人サイトで探すという場合は、嘘の情報だけしか記載されておらず、現地に行ってから保証のトラブルが起こる可能性が極めて高いため、オススメできません。


3の評判よりも保証の高さ、というのは実際に難しい判断ではあると思います。たとえば、片方のお店は3.5万保証で、もう片方は4万保証、と提示されれば、ほとんどの女性が保証の高いお店を選ぶでしょう。


けれど、いくら保証が高くても、人気度が相当に低い、というお店は確実に存在します。そんなときは、スカウトマンに、どちらのお店が評判が良いかを聞いてみてください。


毎回毎回、条件だけで選んでしまうと、嘘の条件を提示してくるお店に当たってしまうことも考えられます。


いいお店を探すのであれば、評判の良さ、というのは重要な指標の一つになります。


上記の特徴に当てはまっているな、と身に覚えを感じた女性で、出稼ぎ風俗店選びに失敗したくないと悩まれている女性は、是非お気軽に私まで相談ください。



↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

ご案内 : この記事の作者のスカウトマンの紹介

このページのトップヘ