出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

2016年11月




いよいよ2016年も11月後半に差し掛かり、集客が期待される12月と年末年始に向けて、出稼ぎ風俗で働く先を見つける準備の最終段階になります。
IMG_6385


今年は、例年に比べて10月11月があまりにも暇で、資金面の体力を落としてしまった店舗が多く、保証を出せる準備が出来ない、といったケースが多くあるようです。


一方、閑散期を乗り越えて、一気に集客を取り戻すべく、12月に向けて働く女性を集めているお店も多く存在します。


12月は、店舗によっては 通常よりも保証を高めに設定したり、寮費や雑費などを抑えて条件面を良くしたり と、来て欲しいと考える女性に対して、メリットを感じてもらえるような募集があります。


もちろん、女性のプロフィールなどによって店舗は様々なので、女性のプロフィールに応じて、条件の良い店舗をご提案致します。


12月は絶対に稼ぎたい!

年末年始は条件を少しでも良くしたい!

繁忙期に失敗したくない!


そう考えている女性は、是非ご相談ください。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com



出稼ぎ風俗という業態が発生したのは、そもそも30年以上前に遡る。


当時は、借金で首が回らなくなった女性が、都心から地方の温泉街のソープに身請けされるといった流れで、「出稼ぎ」という形があり、「地方に飛ばされる」といった意味合いが強く、ネガティブなイメージが付き纏っていた。


その後、沖縄などのちょんの間(現在は全て閉業)と呼ばれる短時間で本番をする店舗に、ホストや闇金経由で身請けされる女性が増え始める。闇金ウシジマくん7巻でも同じような状況が描かれているが、実際、ちょんの間だけではなく、米兵相手の本番店なども当時は盛んで、大金欲しさに自ら進んで志願する女性も少なからず存在していた。
image


そのような過去の経緯から、10数年ほど前までは出稼ぎ風俗という単語がメジャーなものではなく、裏風俗的な意味合いや、前述した通り、ネガティブなイメージのものに過ぎず、当時のスカウトマンの立場でも、とてもじゃないが、出稼ぎを女性に勧めることができる風潮には無かった。


◆茨城などの箱型ヘルスで、出稼ぎブームの兆しが見え始める


2006年頃から、茨城などの箱型ヘルスで、出稼ぎの走りとなるような求人募集が始まった。主に土浦などを中心とした箱型ヘルスが多く、どんな女性でも採用可能で、寮付きで働けるため、住む場所に困っている女性や、他のお店では採用が難しかったり、稼げない女性でも、喜んで迎え入れてくれるといった内容だった。


今とは違い、都心で働く女性も、見知らぬ地域に一人で面接に向かう、といった習慣が無かったため、面接にはスカウトマンも同行して、現地まで付き添う必要があった。そのため、費やす時間や電車代を考慮して、3万円前後の現金を即金でスカウトマンに支払う店舗が現れ始め、「地方に女性を飛ばす」といった風潮が少しづつ、スカウトマンの間に定着していった。

新宿スワンという漫画の中でも同様のシーンが再現されており、その時期を前後に、出稼ぎブームの兆しが見え始めたように思う。

余談ではあるが、私自身、一度だけ女性の面接の同行で茨城に出向いた経験がある。特急電車の車窓から覗く、田舎の風景を見ながら、横に座る女性の緊張感が伝わり、茨城行きが女性からの希望だったにも関わらず、何故だが僅かながらの罪悪感を感じたことを覚えている。


女性側の視点に立っても、容姿に自信がない女性、過剰に肥っている女性にとっては、住む場所と、稼げる環境が整っているというのは、願ってもない条件だったらしく、希望する女性が殺到していた。保証という概念が無かったにせよ、確実に稼げることを考えれば、一定の期間我慢して田舎で働いて、大金を持って歌舞伎町に戻ってくるという行動を、同業の女性やホストたちを前にして、ステータスに感じている女性もいるようだった。


◆鳥取や島根などの山陰地方、徳島や高知などの四国を中心に出稼ぎが始まる


次第に田舎へちょっとした「出稼ぎ」に行くことの抵抗が女性の中で薄れていき始めた頃、鳥取や島根、徳島や高知などの関東から大きく離れた地方で、容姿レベルが優れている女性に対し、出稼ぎの募集が始まった。

それまでの風俗の概念として、容姿レベルが優れている女性は、東京や名古屋、大阪などの大都市でしか稼げないというものがあった。


しかし、田舎の風俗では見かけないレベルの女性、東京からAV女優がやってきた、などの触れ込みが功を奏し、値段が高くても利用してみようという客が増え始めた。わざわざ大都市に出向かなくても、気軽に東京の綺麗な女性と遊べる、という新機軸の発想が大受けし、出稼ぎ風俗店舗側も1日の保証額を定めて、半分は赤字覚悟で東京の女性の募集に本腰を入れ始めたのだった。


そのような動きに、いち早く敏感に動いた一部のスカウトマンと、女性たちが、現在の出稼ぎの先駆けとなった。月を経て年を跨ぎ、それらの動きや流れが少しづつ全国へと広がっていった。

こうして現在、過剰ともいえる出稼ぎブームが全国で沸き起こっている。すでに供給過多になっている地域もあり、暇な時期などは女性を受け入れる枠が空かないほど、全国から別の県へ、別の地方へと出稼ぎ先を求める女性で溢れかえっている。


次回は出稼ぎの今後について、考察していきたい。


今年の11月は恐ろしく暇なお店が多いようです。各地で保証割れが続き、出勤枠も少なく、トラブルの発生も多くあり、例年よりも相談の数が多く寄せられています。


そんな中で、急遽お店を探したいという女性がたくさんいらっしゃるため、より、お店探しが難航しているような状況になっています。


「おもっていたよりも稼げた金額が少ない」

「このままでは大きく保証が割れるため、貰えるのか心配」


などと、悩まれている女性から、「2〜3日後からすぐに出発して働きたい」と相談を頂きます。


もちろん、可能な限りご対応していくつもりなのですが、上記にあげた通り、出勤できる枠や保証枠も少なく、通常よりも条件が出づらくなっています。


そのような時に急遽いけるお店というのは、

image


●たまたまキャンセルなどで枠が空いていた

●普段あまり人気なお店ではないので、枠が空いている


●普段稼げるお店だが、暇になっているため、通常時より条件が出づらい



など、あまり好条件を望めない可能性が高いのです。


その上で、急遽どうしても出稼ぎに行きたいという女性には、全力で対応します。


しかし、そのような不確定要素、不安要素は取り除きたいという方は、


最低でも一週間、できれば10日後以降に出稼ぎの予定を組まれることをオススメ致します。


先の予定であれば、選べるお店の幅も広がり、不安を抱えるリスクが低下します。


お急ぎで出稼ぎを探される方は、是非こちらの記事を参考に、行かれる際の心の準備をなさると良いと思います。

↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

このページのトップヘ