出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

2016年08月




2016年8月現在も、出稼ぎ風俗店は増え続けている状況です。


もちろん、お客さんの数が急激に増えることがないため、新規出店の裏には同じくらい、閉店や撤退に追い込まれている店舗やグループ店が存在します。


せっかくお店に慣れ始めたのに、リピート客がつかめてきたのに、お店が無くなってしまっては、元も子もありません。


今後も同じ店にリピートを考えているのであれば、なるべくならば潰れる心配が少ないお店に行きたいと思われるはずです。


今回は、どんなお店が潰れずに生き残っていくのか、考察していきたいと思います。

◆グループ店は安心? 

image


いくつもの県にお店を出店している、大型グループ店舗であれば安心!と思う女性が多くいらっしゃいます。確かに、ブランド力があり、広告費にお金をかけられるようなグループ店舗は、他のお店と比べて安心感はあります。


けれど、一つのエリアで成功したからといって、すべてのエリアで成功するとは限りません。実際、現在も名の知れた大型グループ店舗でも、エリアによっては集客が見込めず、撤退しているケースも多く存在するからです。


とはいえ、グループ店舗の中でオープンしてから3年以上経っているお店であれば、よほどのことがない限り潰れる心配はありません。


大型グループ店舗に行く際は、そのお店がオープンしてどれぐらい時間が経つのかを気にすると良いでしょう。


 ◆何の特色もないお店よりはマニアック店の方が安心? 
image


地域によっては、ごく普通の、何の特色もないデリヘルというのが少しづつ減っているようです。


高級店や激安店はともかく、ナース服のお店や痴女店、即尺店などの特色がない普通のデリヘルは、特色があるマニアックな店舗に集客を奪われてしまう可能性があります。


出稼ぎが流行りはじめた当初は、大都市以外のエリアにマニアック店が存在することが珍しく、お客さんも普通のデリヘルだけで満足していました。


しかし、これだけ全国的に出稼ぎが流行ってしまった後では、お客さんの目も肥えてしまっていて、普通のデリヘルではよっぽどのことがない限り、集客が難しくなっているようです。


つまり、マニアック店や特徴のあるお店を選ぶことが、長続きするお店を見つけるコツだと言えます。


次回は、とあるネットのツールを利用することで、どこの地域が稼げるのかを見極める、裏技をご紹介致します。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com



出稼ぎ風俗が流行り始めて、7〜8年が経ちます。


もともと地元に根付いた風俗店舗が、東京から女性を募集して出稼ぎを始めたというケースもあれば、


出稼ぎ風俗店として、お店を新規オープンさせた、というケースも存在します。


両者共に、何年間も集客が落ちず、不動の人気店として、全国にその名を轟かせている店舗も多く、既に新しい女性を受け入れる枠があまりないといったお店もあるようです。


しかし、このような人気店がこれから先何年も確実に人気店のままでいられるのかというと、そんなことはありません。

image


他県の大型店舗が進出し、軒並みに客を奪われてしまい、集客が落ち込んでしまった店舗や、その影響で店舗の料金体系を変えてしまった、オーナーが変わってしまった、などのケースが過去に多く存在しました。


全国展開をして、広告費に莫大な費用をかけて、地域でナンバーワンを誇る店舗も出現する一方、廃業してしまう店舗も出てきてしまっているのが、現状です。


何年間も続けているお店で、ある日突然稼げなくなってしまった、という事態を回避するためにも、今のうちから準備をしておくことも大事です。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com



前回に引き続き、今回は風俗でクビにならないための、サービス面についての注意をご紹介したいと思います。


風俗では、同じような内容のクレームが頻繁に入った場合、またクレーム内容を注意しても改善されない場合に、クビになるケースがあります。


折角お店に慣れてきたのに、本指名が増えてきたのに、クビになってしまったと嘆く女性がいらっしゃいます。


あなたのサービスでも良いと満足されるお客様がいたとしても、クレームを出すくらいに不満足だったというお客様がいると、お店としても在籍し続けてもらうことを考えなくてはいけなくなります。


では、どのようなサービスでクレームがきてしまうのか、具体的な例を挙げてご紹介したいと思います。


◆すぐにイカせようとする 

image


お客様も、女性の前だと言いづらいことがあります。その一つが、すぐにイカせようとしてくるサービスです。


30分などのショートコースであれば問題ありませんが、多くの女性が、すぐにフェラや素股などでお客様をイカせようと頑張ってしまうのではないでしょうか?


その場ではあまり指摘できないお客様も、60分のコースで最初の30分以内にイカされてしまった場合、後にクレームを出すことが、多くみられるようです。


こちらを避けるポイントとして、焦らしプレイを覚えることが重要です。


たとえば、すぐに局部(乳首やぺ◯ス)を舐めるのではなく、その周りからじわりじわりと舐めていくことで、時間を稼ぐことができます。


多くのお客様は、こうやって欲しいということを恥ずかしさのあまり、うまく伝えることができません。


しかし、風俗で45分、60分、またはそれ以上のコースを楽しみたいと考えている以上、そのような焦らしプレイを期待していることがほとんどなのです。


焦らしプレイを覚えることができれば、サービス面でのクレームの大半は無くなります。そのくらい、焦らしてプレイすることが重要なのです。


 ◆プレイ中にやる気の無さが見えたり、文句を言う
image


次に多くあげられるクレームは、プレイ中のやる気の無さや、女性からの文句です。


プレイ中にあまりイカせる気がない素振りをしたり、お客様が萎えてしまったことに文句を言い、こんなんじゃイカせられない、などと言ってしまうことで、後々に大きなクレームとなることがあります。


何度も繰り返しますが、お客様は女性の前で本音を言えないことがほとんどです。その場では大丈夫、などと話していても、後でお店に対して文句を言ったり、クレームをつけることが十分にあり得るのです。


次回、さらに細かいクレームや、その対処法についてご紹介したいと思います。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

このページのトップヘ