出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

2016年01月

今回は、閑散期の2月に出稼ぎ風俗の店舗で少しでも多く稼ぐ方法を考察し、ご紹介していきたいと思います。


そもそも、風俗店舗がなぜ2月に暇になってしまうのか、その成り立ちについて考える必要があります。

image


以下に、2月がなぜ暇なのかについて、風俗店舗経営者の方などの話を参考に、考察した記事があります。


2月はなぜ暇なのか?
http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/36197535.html


要約すると、クリスマスや年末年始の出費、新生活の準備などに余剰金が無くなるため、と考えられています。


しかし、生活費を捻出してでも風俗に行こうと考える男性は多くいらっしゃり、完全に客足が途絶えることがない、というのも風俗の特徴です。


働いている女性の数が極端に減ることが無いため、一時的に縮小してしまった風俗市場の消費者である男性客を、店舗のみならず、女性が取り合う形となってしまいます。


そこで一番強い(集客力のある)供給者とは、顧客(=指名客)を持っている女性になります。


それでは、その次に強い供給者とはどんな女性が当てはまるでしょうか?


答えは、消費者に対する露出度が高い女性です。


どういうことかというと、男性客が風俗の総合サイトなどで女性を選ぶときに、取材記事などがある、写メ日記などの更新回数が多い、口コミサイトの評判が高い(あとは好みのタイプ)という部分が、大きく影響しています。

image



これらの要素を全く持っていない女性は、露出がないため、そもそも選ばれようがありません。


具体的な例を挙げていきましょう。


たとえば、顔出しがメインのお店で、モザイクをかけた女性の写真が並んでいても、顔出しの女性以外は選ばれづらいと思います。


お店のスタッフからの評判があまり良くなくて、お店のスタッフが押していない、オススメしてくれない女性も同様に、選ばれづらいです。


つまり、自分を売り出すポイントを持っていない女性は、男性客から選ばれず、結果的に稼げないということになってしまいます。


要約すると、売り出すポイントは以下のものになります。


写メ日記の更新の多さ
顔出しの有無
店舗の取材などの協力
口コミサイトなどの評判
店舗のスタッフからの評価


image


これらが男性客に対する露出に繋がり、<露出が多い、売り出すポイントが多い女性がより稼ぎやすいのが、風俗の特徴です。


2月の暇な時期に稼ぐために、上記のポイントを参考に、自分は何ができるのか、何ができないのかを考えて、働き方を見直していくとよいでしょう。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com


1年を通して、風俗の閑散期といわれるのが、2月です。


すでに2月に先駆けて暇なお店も増えており、店舗も条件が出しづらくなっていて、女性にとっても店舗にとっても、出稼ぎが決めづらい状況にあります。


この時期に関しては、ある程度暇な状態を受け入れた上でお店を探すことを頭に入れておかないと、なかなか決まりづらいというのが実際のところです。

image



もちろん、店舗によっては、強気で条件を出して頂ける場合も御座います。


但し、本当に集客に自信のあるお店であれば良いのですが、赤字覚悟で投資のような感覚で保証を出しているお店もあります。


そのようなお店が、数十万円の保証割れを起こして、経営不振で潰れてしまったり、難癖をつけて保証を支払わないといったケースもあり、お店選びを特に気をつけなければいけないのが、この時期の注意点となります。


実際、過去に新規出店したお店が潰れてしまったケースが、2月を中心とした今の時期に集中しております。


暇な時期であれば、何年も経営しているような、実績のあるお店を出稼ぎ先に選んだ方が、保証未払いなどのリスクを回避できます。


目先の保証の高さだけを基準にするのではなく、過去の実績、評判、保証以外の条件なども加味した上で、お店を決めましょう。

↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com


今回は出稼ぎ風俗に纏わる偏見について、主に男性向けにご紹介していきたいと思います。


最近、ネイバーまとめなどで、出稼ぎ風俗の女性は良くない、などの記事や、blogを見かけることがあります。

image


実際に、当ブログの読者の方からも、「出稼ぎ風俗って女の子からするといいんだろうけど、遊ぶ客としてはどうなの?」という質問を頂くことも御座いました。


今回は「出稼ぎ嬢と遊ばない方がいいのか?」という疑問にお答えする形で、出稼ぎ風俗について男性視点に立った記事をご紹介致します。


◆出稼ぎの女性はサービスが悪い?


男性客が気にかける点の一つとして、出稼ぎ嬢のサービス面に関する不安があると思います。


その多くは、出稼ぎ嬢は、全国を転々としていて、お客さんをリピートさせることを考えていないため、サービス面が地元の女性と比べて落ちるんじゃないか?というものです。


こちらに関しては、100パーセントそうではないと否定しきれないのが、本当のところです。


確かに、定まったお店を見つけず(見つからず)、一回きりの出稼ぎで新しいお店を転々としている女性は存在します。


そのような女性は、サービスを向上させようとする意識が無かったり、どうしてもサービスが上手くならない場合があります。


しかし、彼女たちは必ずしも出稼ぎの女性であるかといえば、そんなことはありません。


地元でたまに出勤して、新規のお客さんに付けばいいやと考える女性の数も、同じくらい多いのです。


一方、出稼ぎに行く女性の中には、決まったお店を見つけて、そこで新規開拓したお客様をリピートさせられるよう、努力している方が多くいらっしゃいます。

image


なぜ地元ではなくわざわざ出稼ぎに行くのかといえば、様々な理由があります。


地元では顔バレ、身バレしてしまうという女性や、地元の在籍店舗は集客が少ないが、同じ地元の中で他所に移れない縛りがあり、仕方なく出稼ぎに行かなければいけないという女性、通いで働いていると、すぐにお金を使ってしまうため、出稼ぎで集中して一気に稼ぎたい女性など、


必ずしもサービスが悪くて地元で稼げないことが、イコール出稼ぎに行く、という選択肢に繋がるわけではありません。


出稼ぎは保証が付くため、お金に困っている女性にとって、収入の予測が立てやすく、安定した働き方となります。


そのため、都内の風俗店でランキングに入っているような女性や、普段はキャバクラ勤めの女性も、出稼ぎに行くことが多いのです。


私自身、この6年間、出稼ぎの女性と接していて、<ハイレベルな女性や、仕事意識の高い女性の多さに驚くことが、しょっちゅうあります。


もちろん中には、連絡もいい加減で、理由もなく決められた日時に行かない、連絡無しに予定をばっくれてしまう女性も存在します。


けれど、わざわざ遠出してまで、風俗の仕事で稼ごうと考える女性の多くは、真面目でしっかりしている方ばかりです。


次回以降、そんな出稼ぎの女性の中から、サービスが良い女性を選ぶにはどうしたらいいのか、見極め方などについてご紹介したいと思います。

明けましておめでとうございます。
2016年も、出稼ぎに行かれる女性が、トラブルに遭遇することなく、安心して働けるお店を見つけるために、出稼ぎ風俗について参考になる記事をご紹介していきたいと思います。


今回は、出稼ぎ風俗で起こりつつある新たな問題について、また、優良店が増えていく理由についてを説明していきたいと思います。


◆風俗業界の成り立ち、これまでの流れ

image


そもそも、風俗という仕事は、直接面接に来て始めて、細かいシステムか内容を女性に伝えるというのが、昔から主流でした。


10年ほど前までは、面接に行く前に細かいことを電話で訊こうとすると、「ひとまず面接に来てください」と素っ気なく言われたものです。


ところが、スカウトマンや仲介業者が増え始め、事前にお店のシステムが分かるような仕組みが広がると、女性もあらかじめシステムを見比べてお店を選ぶというのが当たり前となりました。


必然的に、これまでは情報を開示しなかったお店も、他店と比べて見劣りしないようなシステムに変えて、スカウトマンなどにお店の細かなシステムを開示するようになります。


そうした機運が東京、名古屋、大阪などの大都市を中心に広まる中、地方へ働きに行く、いわゆる「出稼ぎ」という働き方が全国的なムーブメントとなります。


「出稼ぎ」は、これまでは事前にお店の情報だけが開示されていた、一方通行の「風俗業界」という市場を、女性の情報も開示することで、円滑で効率の良い市場へと変貌させ、よりクリーンな業界に成長させたのです。


今まではブラックボックス(内部の動作原理、この場合では風俗の細かなシステムや内情が外部からは見えないようにしていたこと)

だった風俗業界が、出稼ぎという仕組みを通して、一気に可視化(風俗業界のシステムや内情が、具体的な情報やテキストを通して外部から見えるようになった)したため、風俗店舗も変わらざるを得なくなったのです。


こうして、女性もより良いお店を効率的に探すことが出来て、事前に細かいシステムが全て理解できるようになりました。


60分の女子給はもちろん、保証額、雑誌寮費、顔出しの有無や、寮の形態(ビジネスホテルやワンルームマンション)、営業時間や、客層、だいたいの稼ぎの額など、働く上で必要な情報は、スカウトマンや仲介業者などのしかるべき業者に尋ねれば、詳しく分かるようになっています。


しかし、最近は新たな問題も発生しています。

image



上記の細かな情報に加えて、女性がより詳しい情報を求めるようになったのです。そして、そこまでは開示したくない、働きに来る上で、そんなに多くを求められても困る、といったお店側の意向とのぶつかり合いが増え始めてきました。


一例を挙げると、寮の内装、細かく掃除されているのか、シーツは変えてあるか、近所にコンビニはあるか、男性ドライバーがタバコを吸っているのか、いないのか、在籍の女性に◯◯という女性がいるか、いないか、など、より個人的な、詳細な情報です。


在籍女性の個人情報はともかく、寮の状態などを知りたいと考える女性の気持ちも分かります。一方、短期間働きに来る中で、あまり多くを求められても困るというお店の事情も理解はできます。


しかし、このように詳細な情報を求める女性が増えていくと、お店もより一層、細かな内情を開示していくことが、必要となってくる可能性はあります。


そうなれば今度は、女性側の情報もより細かなものが必要とされるようになるでしょう。


たとえば寮を綺麗に保つためには、女性の喫煙の有無や、掃除や片付けができるかどうかなどの、細かな個人情報、社会性を問われてもおかしくはありません。


互いに行き過ぎは良く無いと思うのですが、今後、出稼ぎの女性が増え続け、より細かな情報を知ることが主流となってくれば、出稼ぎ店舗はさらに優良店舗にならざるを得なくなり、一方の女性に対しても求められるものが増えてくる可能性もあります。


とはいえ、よりクリーンな業界になっていくことが、風俗業界の今後の課題になってくることは間違いありません。


今後も、出稼ぎに行かれる女性がトラブルに遭うことを未然に防げるよう、より有益は情報を公開していきたいと思います。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

このページのトップヘ