出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

2015年10月

年末に向けて、いよいよ稼げる時期が近づいております。


今回は30歳以上の女性の方の出稼ぎについて、ご紹介致します。


ここ最近、30歳以上の方で出稼ぎに行かれる女性が多く、それに応じて全国の店舗で受け入れ先も増えております。


店舗によって、単価や保証、地域なども様々なため、こちらで細かくご紹介していきます。

image


◆人妻店、格安店

最もポピュラーなデリヘルです。


有名な大手チェーンのお店が多く、東北中心、もしくは関西中心の店、関東近辺で展開している店舗や、全国に点在するグループ店舗もございます。


単価は60分4000円〜5000円台が最も多く、主に体重で店舗の受け入れ先が決まります。また、こちらの価格帯の店舗は40代、50代、60代の女性も可能です。


保証は1万から35000円迄となりますが、保証以上に稼げます!


店舗によっては、即尺やAFなどのオプションが保証額の上下に影響するため、事前に確認することをお勧め致します。


◆若妻店


単価が60分8000円から9000円のデリヘル店舗です。


比較的体型が細めの方にオススメの店舗が多く、北陸エリア(富山、石川、福井)、関東エリア(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木)、東海エリア(愛知、三重)、中部エリア(静岡、長野)、東北エリア(福島、仙台)、関西エリア(大阪、京都)などにございます。


保証は3万から5万くらいで、稼ぎも時期や店舗によっては、8万越えするようなケースもあります。


◆見た目が若く見られる女性へ


その他に、見た目があまりにも若く見られる女性には、20代女性が行かれる店舗をご案内しております。

こちらの場合は、60分8000円から13000円くらいの単価で、保証も4万から7万くらいまで、高額の条件が可能です。

◆ソープ希望の女性へ

ソープをご希望される女性は、高級店の場合は、岐阜の金津園、滋賀の雄琴などがございます。8万保証なども付く可能性があります。


大衆店のソープは全国に存在し、5万保証からのお店が一般的です。



30代以上の女性の働き先も、上記の通り、多種多様になっております。


出稼ぎをお探しの際は、是非参考にしてみてください。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com


本屋で見掛けた、三島由紀夫の「命売ります」の文庫本を一気に読んで、その文章力、表現力に改めて感服し、打ちのめされたため、翌日に同じちくま文庫から出ている、「肉体の学校」を、これまた貪るように読んだ。


裕福で自由な生活を謳歌している、映画批評家、レストランオーナー、プティックの経営者の、三人の女性たち。彼女たちは月に一度は顔を合わせて、もっぱら男の品定めをしている。そのうちの一人、元貴族の妙子が、美形のゲイボーイに心底惚れ込んで…という、現代にあってもおかしくない設定の小説である。


六本木のレストランでシャトーブリアンのステーキを食べながら、自分たちの男の話を肴にボジョレーを飲み下し、ふと思い立って池袋のゲイバーに飲みに行った先で見つけた、一回り以上年下の男、美青年の千吉に恋に落ちるヒロイン。

image


ただの甘い恋愛小説では全くない。野性的で自由奔放な千吉に振り回される、アラサー女性の心の機微が細かく描写されてた、愛憎劇である。


千吉と出会ってから、彼女の全ては彼を中心に回り、様々な感情に揺さぶられながらも、自尊心の強い彼女は、ときにぶつかり合いながら、千吉との恋の駆け引きに溺れていく。


二人の会話は西洋人ばりに洒落た言葉の応酬に変わり、余韻を残すセリフが幾つも存在する。


イヴ・サンローランのファッションショーに千吉を連れて出かけたり、二人でナイトクラブでテキーラを飲んだりと、まるで一昔前の海外映画のような場面も続き、熱海旅行、歌舞伎町のパチンコ屋、虎ノ門の料亭と、現代と錯覚するような舞台設定も興味深い。


仲の良い二人の女友達とのやり取りも逸脱で、「それで…あの人、あなたにはやさしいの?」という友人の思いがけない一言に、ヒロインが愕然とするシーンなど、読者の私ですら胸をつかれるような、巧みな人間描写が全編に散りばめられている。


千吉を想うあまり、互いの浮気を認め合い、千吉に捨てられぬよう画策する妙子の心理描写など、人間の心は色恋沙汰においても、いつの時代も変わらぬことを思い知らされ、女性の心理の裏の裏まで描く三島由紀夫の筆力に圧倒された。


とにかく、50年以上前に書かれたものとは思えないほど、ヒロインを身近に感じ、ページを捲る手をやめることができなかった。「命うります」に引き続き、三島由紀夫に対するイメージががらりと変わる。


ある意味、ホストにハマってしまう女性心理が理解できる。


以下に抜粋した文章が、この小説の全てを物語っていて、尚且つ、今も昔も変わらぬ恋愛の真理なのだと思わされる。


『男にしろ女にしろ「愛される」ということは、よほど愛することとちがうのだ。〈中略〉 愛される人間の自己冒瀆の激烈なよろこびは、どこまで行くかはかりしれない。愛する人間は、どんな地獄の底までもそれを追っかけて行かなければならないのだ。』


恋する女性は、現代の甘い恋愛マンガや、薄っぺらい愛憎ドラマを観るのではなく、「肉体の学校」を教訓にして、女性らしい強さを手に入れて欲しい。




全国にある出稼ぎ風俗店舗の中で、どのエリアを選べば良いか、という相談を多く受けます。


都内にお住まいの女性であれば、近場の関東をご希望するケースが多く見受けられます。もちろん関東でも良いお店は多く、実際に稼げる店舗も無数にあります。


しかし、関東のデメリットとして、都内からの女性が近場で利用しやすく、枠が埋まっていることが多いことが挙げられます。


また、千葉や埼玉、西東京の店舗では、周囲のライバル店が多いために、写メ日記の回数が一日五回以上などの指定も付き、面倒臭がりの女性や、写メを撮るのが苦手な女性には向いていません。


それらを難点だとお考えになる女性には、北陸や中部エリアがお勧めです。


以下に稼げるエリアをピックアップしてご紹介します。

image


新潟は上越市や長岡市、新潟市と、市によってお店の特色もバラバラですが、比較的に客層が良いエリアになります。


また、富山は北陸新幹線も開通したことで、交通が便利となり、客足も増えております。写メ日記の回数が多かったり、雑費額が高いのが富山に共通した点ではありますが、稼ぎば北陸の中でも群を抜いて稼げます。


福井は客層や従業員が良いのが評判で、どこのエリアからも遠いのが難点ですが、大衆店から高級店、人妻店まで幅広く存在するのが特徴です。


長野は、上田市、長野市、松本市などによって客単価に差が見られますが、こちらも高級店から大衆店まで幅広く存在し、安定的に稼げるエリアとなっております。


静岡も、沼津、浜松、静岡市、と三つのエリアを軸に、大手のグループ店舗も幾つか参入しているエリアで、都内や名古屋からも距離が近く、絶大な人気を誇っています。


どのエリアも、エリアごとの特色があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。


出稼ぎを選ぶ際は、近場だけではなく、多少離れた距離を選ぶことで、新たに得られるメリットも多く、意外にもリピートする店舗になった、というケースが多いです。


お店選びの際、是非参考にしてみてください。

↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

今回は出稼ぎ風俗で稼ぐために必要なことを3つのポイントに分けて、ご紹介したいと思います。


従業員との関係性の構築


image


女性が疎かにしがちなのは、従業員との関係性です。社長や店長に対しては対応良くしていても、内勤のスタッフ、ドライバーに対して、態度が横柄になってしまう女性が少なからずいらっしゃいます。


店舗によっては態度の良くないドライバーが勤めていることもあります。とはいえ、ドライバーに対して態度を悪くしたり、送迎の車の中で店の悪口を電話で話したりしていると、必ず店長や社長に話が筒抜けとなってしまいます。


どうしても従業員の対応が悪かったときには、スカウトや店長などに相談しましょう。また、従業員だからといって偉そうに振る舞うことなどはせずに、誰に対しても愛想良く接することが重要です。


参考
出稼ぎ風俗で稼ぐ方法〜従業員に気に入られる方法〜
http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/38516632.html

出稼ぎ風俗、従業員とのトラブル
http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/42775071.html


身だしなみに気をつける


image


意外と盲点の部分なのが、「身だしなみに気をつける」ことです。

たとえば、服装一つとっても、女性らしい、清楚な服装を身に纏うだけで、印象が大きく変わります。

ブランドのRADYなどの服を好む女性が多くいらっしゃいますが、お仕事の時は自分の好みの服装ではなく、お客さん向けの身だしなみを心がけるだけで、良い印象を与えることができます。

また、口臭や身体の匂いなど、自分では気づきにくい部分を常に気にかける習慣をつけましょう。そういったデリケートな部分は、店舗からも指摘がしづらく、原因がわからないまま、リピートができない、お客さんの指名が取れないという事態に陥ってしまいます。


参考
身体のケアが指名につながる
http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/37590195.html



写メ日記の更新など、やれることをしっかりと行う

image

出稼ぎに行った女性から「このお店は暇すぎてヤバイ」などのご相談を受けることがよくあります。


確かに、店がどうしようもなく暇であれば移動を考えなければいけません。


しかし、普段客が入っている店舗、または本人以外にはお客さんが付いているといった場合においては、女性の方でも何かしら行動を起こさなければいけないときがあります。


それが、写メ日記の更新です。 お客さんのほとんどは、写メ日記を見て女の子を呼びます。写メ日記の頻度が少なかったり、良い写メが上がっていなければ、他の女の子に目がいってしまいます。

ヘヴンネットなどのポータルサイトでは、店舗で写メ日記を更新すると自動的に更新のトップに上がるため、それだけで注目度も変わります。

暇であることを嘆く前に、まずは一度自分ができる範囲のことを行いましょう。

参考
出稼ぎで稼ぐための、写メ日記の重要性
http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/37404921.html


いかがだったでしょうか。出稼ぎでより稼げるように、今回の記事を参考にしてみてください。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

image


マカオタワー、220メートルのバンジージャンプにいってきた。


エレベーターで61階に上がるまで、恐ろしさ半分、期待半分の、言いようの知れぬ感覚に襲われていた。上昇していくエレベーターのガラス越しにマカオの眺望が覗く。高いところは苦手ではないが、登った分の高さから身を投げ出すことを想像すると、鼓動が跳ね上がった。


上に到着すると、覚悟を決めて予約受付に。朝十一時ということもあり、ほぼ並ばずに飛べるとのこと。


「オー、サムライ!!」というありがちな声がけをしてくるテンション高めなスタッフの指示のもと、死んでも文句を言いませんという念書にサインをして、更衣室へ。


しかし、値段が高い。2015年9月時点で、日本円にして45000円ほど。動画や写真をつけると、さらに13000円ほどかかる。


バンジージャンプは赤いTシャツを着るらしく、着替え終わると、身体を固定するベルトを締め付けられる。このベルトで身の安全が保証された気がして、少しほっとさせられた。


なぜかクラブミュージックが爆音で流れていて、スタッフのほとんどが音に乗りながら、クラブで楽しんでいる雰囲気を醸し出している。


順番待ちは一人だけ。すぐに外に出され、台の上に座らされる。スタッフは全員なぜかミラータイプのサングラスを掛けた、ノリノリの兄ちゃんたちで、野球帽を反対に被り、「ジャパニーズ!? オー、NARUTO!!」と声を上げ、「ワッツミーヘンタイ!?」としつこく聞いてくる。カメラが回っているらしく、あちこちにピースをさせられて、足を固定されると、レディゴー、の合図。


隣のスカイウォークの客が怖々とした目線でこちらを見ている。


両足を固定させられたまま、バンジー台へ。右手には海が覗き、左手にはマカオの街並みが目に入る。


自殺者の心境と、アトラクションに挑む気持ち半分のまま、両手を水平に上げさせられ、


「5.4.3.2.1ゴー!」の合図で軽く背中を押されて飛び出した。

image


空中に投げ出さて落下していく最初の一秒は恐怖で悲鳴が漏れ、次の一秒で顔が歪んだ。しかしその後の四秒は爽快感が身体を駆け巡った。


まさに空を飛んでいる気分。


リバウンドして、もう一度手を広げて真っ逆さまに落ちていく。


このときにはドーパミンが脳内で分泌したのか、物凄い快感が背中を這った。


さらにリバウンドしたときに、指示された通り左足のフックを引っ張り、頭が上の体勢に戻った。そのまま、マットが敷いてある地面に降りていく。


着地すると、つい数十秒前の恐怖が何だったのだろうと思うくらい、気持ち良さに変わっていた。


建造物のバンジージャンプでは世界一と言われるマカオタワーで、バンジーにチャレンジした甲斐があった。


飛び終わってから思うのは、予想していたよりも恐ろしさや危険は感じず、バンジージャンプに対する偏見だけが怖さの原因だったことに気づかされた。


マカオに行った際は是非飛んでみて欲しい。爽快感はどんな遊園地のアトラクションをも超えるはずだ。

このページのトップヘ