出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

2015年09月


九月のシルバーウィークは、全国を見渡してみても、稼げないお店が多く、保証割れが相次ぎ、店舗も女性も悲鳴が絶えない休日となってしまいました。


全国の半分以上の店舗で保証が割れてしまっていたというのが実際の所で、予想外の事態に九月末以降の出稼ぎの募集を縮小してしまった店舗もあるようです。


今回の原因は、


九月にしては珍しい大型連休だったため、家族旅行に出かける客が多かった

集客を見込んで、出勤人数を通常より多く設定していたのが仇となり、一人一人の稼ぎが余計に減ってしまった




ことが考えられます。

image



全国で予想外に稼げなかった女性が溢れたために、十月の出稼ぎの枠が今の時点でかなり少なくなっています。


シルバーウィークに稼げなかったという女性はお早めに、慣れ親しんだお店の出勤枠を予約するか、新規の出稼ぎを探すと良いと思います。


年末に向けて徐々に稼げるようになってくると思いますが、暇な九月や、年末までにぽっかりと空いている十月を乗り越えて、十一月十二月にがっつり稼げるように、今のうちに準備をしましょう。


暇な時期はリピートのお客さんが頼りになります。今回、暇な時間を過ごしてしまった女性は、二月などの閑散期にリピートのお客さんで持たせられるように、指名を掴めるように努力すると良いでしょう。

↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com



九月はシルバーウィークが予想外に暇な店舗が多く、稼ぎに困った女性も多いと思います。


今回は、出稼ぎ風俗店舗で、人妻系のお店を探されている方のために、お店の探し方のコツをご紹介します。


◆全ての人妻店舗が保証を出してくれるわけではない?

image


人妻店舗とは、20代前半から50代、60代の女性まで、幅広く採用してもらえるお店のことを指します。


ぽっちゃり系の女性も多く、60キロから90キロ代まで採用してもらえる店舗も御座います。


けれど、全国にある人妻店舗の全てが保証を出してくれるわけではありません。


店舗によっては、家賃やホテル代の補助が無し、交通費無し、保証無しなど、出稼ぎのメリットが全くないケースも多く、当ブログの問い合わせに、「求人の条件と違っていた」、「保証も無くて稼げず、ホテル代が払えない」 などの相談が多く寄せられています。


いったい、どうやって条件を出してもらえる店舗を見つけることができるのでしょうか?


◆事前の条件の確認は細かく、あらかじめ責任者への電話が大事

出稼ぎ店舗で条件が出ないお店は、そもそも条件のフォーマットを持っていない場合が多いです。


スカウトや求人サイトを利用する上で、必ず条件の細かいフォーマットをもらい、事前にしっかりと確認することが重要です。


たとえば、

◼︎寮費 3000円
◼︎雑費5%
◼︎単価60分5000円
◼︎交通費、二週間で往復支給



など、条件の詳細を必ず貰ってください。


その上で、店舗責任者とお話し、仲介者、店舗責任者と確認が取れれば、条件通りに安心して出稼ぎに行くことができるはずです。


人妻店舗は格安のお店が多く、どうしてもいい加減なお店も存在します。


安心できる出稼ぎにするために、今回の記事を是非参考にしてみてください。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com



いま、留まることを知らぬ勢いで全国にチェーン店を増やし続けている「相席屋」に、大阪出張中の合間を縫って遊びに行ってきました。


そもそも相席屋とは、見知らぬ男女の客が店舗の従業員の采配のもと相席をする、新しいタイプの居酒屋で、ここ最近はそのスタイルを真似した類似店が全国に派生しています。


今回はスカウトマン目線で、ミナミにある相席屋を二軒、レポートしてみました。


◆一軒目

「相席屋、なんば千日前店」

http://aiseki-ya.com/shop-ichiran/kansai/sennichimae

image


店内に入って驚いたのは、待機している女性客の多さです。女性が飲み放題、食事も無料ということもあって、あちこちのテーブルで二人組の女性が普通の居酒屋のようなノリで楽しく飲んでいました。


しかも、見渡す限り、ふつうのOL風の女性が多く、ちらほらと可愛らしい女性の姿も伺えます。正直、相席屋に来るくらい出会いがない女性という勝手なイメージで、そこまでのレベルを期待していなかったのですが、明らかにそれを上回っていました。


私たちが相席となったのは、28歳のOLと23歳の同じ職場の後輩OLの二人組。彼女たちは、飲み食べ放題無料で飲食費を節約しながら、「ふつうの」サラリーマンと出会えることを期待しているとのこと。


逆にお金を持っている男性は、浮気をするから興味がないらしく、本当に真剣な出会いを求めているとか。ふつうで話がちょっと面白ければ、とりあえずデートをしてみると言っていて、彼女たちの知り合いの中には実際に相席屋で出会って交際に至ったカップルもいるようでした。


千日前という場所柄か、店内には若めのサラリーマンやOLが多く、先ほどまで見知らぬ男女だったとは思えぬノリで賑わっているテーブルがほとんどで、なんとなく頭にあった「相席屋のような場所を介してでしか知り合うことのできぬ男女」というイメージが払拭されました。


常連客の話によると、他の相席BARなどの類似店と比べたときに、客質に階層があるようです。相席屋に一番レベルの高い男女が集まり、類似店の相席BARや相席場には、一つ下の階層の男女が集まるといった、六本木のクラブのような現象が起きているとか。


そんな話を聞きながら、店舗のコンセプトは一緒だけれど、少し路線の違ったお店にも遊びに行ってきました。


◆二軒目

恋活ラウンジD-1
http://d1-koikatsu.com/


image


場所が、周防町というキャバクラなどが周辺に点在するエリアのようで、通り沿いの立て看板に惹かれて入ってみました。


相席屋とは打って変わって、男性が二名ほどで回している店舗です。


システムは相席屋とほぼ変わらず、女性はソフトクリームが無料となっていましたが、男性は食べれないようです。


店舗入り口から見て、カウンターに後ろ向きで並んでいる女性の姿が目に入るのですが、場所柄か、先ほどとは打って変わってキャバ嬢系の女性の姿が目立ちます。


実際に相席となったのは、北新地の元キャバ嬢二人組で、年齢は共に22歳。相席屋の女性と比べるとトークが積極的で、仕事前やクラブの前飲みの場として、使うことが多いとのこと。


ホストに行く前の女性や、心斎橋筋で買い物帰りの女子大生もいると聞いたので、当たり外れも多少あるのかもしれません。


特徴としては相席屋と違い、一人での入店が可能なので、一人飲みの女性や男性でも気軽に入れるようです。しかし、暇を持て余した女性はともかく、一人で相席のお店に行く勇気のある男性客がいるのかは分かりませんが。


店内はシンプルな白ベースで、少し照明が暗く、曲もR&Bがゆったり流れているので、お洒落な相席BARといったイメージでした。


今回、二店舗の相席屋に飲みに行き、相席屋にいる女性のクオリティの高さに驚かされました。やはり、無料飲みできるというのが、女性の集客のコツなのでしょうか。また、あまりにも容姿の劣る女性は、居心地の悪さを感じるのか、どちらの店舗にも姿を見かけなかったように思います。


婚活パーティーに次ぐ新たな出会いの場として、しばらくは相席屋ブームが続きそうです。


次回は東京の相席屋のレポートも紹介していきたいと思います。

このページのトップヘ