出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

2015年03月

気温も暖かくなり、四月まで残すところあと一日です。


最近、3月に高校を卒業したばかりの女性や、学校には行ってなかったけれど、18歳の頃から夜の仕事の経験がある女性から問い合わせが来るようになってきました。


基本的には四月になるまではお断りをさせて頂いておりましたが、四月以降のお問い合わせはオッケーです。


今年19歳になる女性の方々は、四月以降に出稼ぎなどに行けるようになります。


その際に、今回の記事を参考にお店を探してみてください。


◆POINT 1 お店選びを慎重に

image


ネット上には、嘘の出稼ぎ求人広告が数え切れぬほど蔓延しています。


ありえない金額の高額保証や高額単価を提示している店舗の情報を鵜呑みにするのはやめましょう。


出稼ぎの求人は、信用のできるスカウトマンや仲介業者に頼むことで、リスクやトラブルを軽減させることができます。


とくに初めてお店を探すときは、トラブルに遭う確率が一番高くなるため、自分一人で良いお店を見つけることが困難です。


少なくとも友人などの意見を聞いて、出稼ぎの店舗は慎重に探しましょう。


◆POINT 2 行くことを決意したら、ドタキャンはしない

image


お店を選び、せっかくの優良店舗に採用してもらったにも関わらず、気分次第で当日ドタキャンをする女性が多くいます。


体調管理も仕事の一つです。急病なら仕方ありませんが、風邪などにかからぬように気をつけて前日を迎えて、寝坊にも注意しましょう。


お店は、あなたが出稼ぎに来る期間、出勤の枠や保証枠をあなたのために空けていて、寮やビジネスホテルの用意なども万全に期して、待っています。


出稼ぎは直接会わぬまま、保証や条件、日程が決まるため、お店と女性との信頼関係で成り立っています。


行くことを決めてからは、ドタキャンはしないように心掛けて下さい。



◆POINT 3 また行ってもいいと思えるお店を見つける

image


一度良い出稼ぎの店舗も見つけたなら、リピートすることを頭に入れてみてください。


毎回新しいお店に行くよりも、指名のお客様がいて、慣れた環境で働く方が、より稼げます。


もちろん、稼げないお店や自分に合わないお店であれば、無理にリピートをする必要はありません。


リピートできる店舗を見つけることで、トラブルの恐れがかなりの割合で消失し、稼ぎやすい環境を作ることができます。


以上の三つのポイントを押さえて、四月以降に良いお店を見つけて下さい。

↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com


先日、週刊SPAの取材を受けて参りました。


出稼ぎ風俗について詳しい私は、主に出稼ぎについてお話しをさせて頂きました。僅かながらでも読者の皆様に風俗産業の格差について理解を深めて頂ければと思います。


さて、今回の記事は取材ではまだまだ話し切れなかった部分を中心に、より風俗産業の格差について深く切り込んだ話をしたいと思います。


◆地域間で広がる格差


ここ数年、稼げる地域と稼げない地域の明暗がくっきりと別れています。


たとえば、宮城県の仙台、愛知県の名古屋、栃木県の宇都宮、など、県名より先に地名が思い浮かぶ場所は稼げる傾向が強く、エリアによっては集客の伸びもまだまだ青天井と言われています。


そのエリアにおいて確固たる地位を築き上げた店舗がますます勢いをつけているといったケースが多くみられ、他のエリアにも進出し、既存の老舗店舗を淘汰するといった現象も見られます。


そのような老舗の店舗で働いていた女性たちが、店舗の衰退と共に出稼ぎを考え始めて、他の集客の多い地方へと出稼ぎに行きます。


稼げる地方から地方へと、女性たちの循環が出来上がっていく過程で、集客の少ない地域が少しづつ疲弊しているのを感じるようになりました。


どこそこの地域が稼げる、という情報をもとに、出稼ぎの女性たちは店舗を渡り歩いています。稼げないと感じたエリアは避ける場合がほとんどで、稼げる地域であれば気に入った店舗が見つかるまで、ぐるぐるとお店を見て回ります。


店舗からすれば、働いてくれる女性というのは血流です。その血の巡りが悪くなれば、店舗はますます集客が困難になり、潰れてしまいます。


そうやって稼げなくなった店舗から女性が離れ、人気のないエリアからも女性が他の地域に出稼ぎに行ってしまうといった循環が、出稼ぎ風俗の地方間の格差を生み出しています。


こういった稼げない地域の風俗店舗の衰退は、そのまま、その地域の経済の疲弊へと繋がるのではないでしょうか。


地域間の経済格差は、今は風俗で働く女性たちの方が詳しいかもしれません。


次回以降、女性たちの格差について詳しくお話していきたいと思います。

出稼ぎの風俗に行く女性が年々増えているため、現在、優良出稼ぎ店舗に対する女性の求人の数が募集枠より上回ることが増えてきました。


必然的に店舗の採用も厳しくなり、なにか一つでもアピールポイントなどが無いと、採用してくれないというのが現状です。


一、二年前までは、顔と全身の写メをぱっと撮って、必要なプロフィールを送るだけで、たいていのお店は採用してくれましたが、今は何も特徴のない女性を積極的に採用しようと考える店舗が少なくなってしまいました。


たとえば、顔に愛嬌がある、スタイルが良い、胸が大きい、過去に有名店舗で実績があり、看板だったことがある、サービスが物凄く良いなど、一つでも大きな特徴があることで、他の女性よりも秀でることが出来、候補店も増えます。


写真の撮り方や見せ方ひとつで、合否が変わってきます。何枚も写真を撮るのが面倒だと思っても、すこしでも条件の良いお店で採用してもらうためには、良い写メが重要です。

image


また、サービスに自信がある場合も、写メ面接時に、「サービスがとても良い女性です」と付記することで、店側の印象も変わります。


同様に、「性格がとても良く、愛嬌のある女性」「本指名率が高く、営業力のある女性」など、アピールポイントを一つでも作れるだけで、結果が変わります。


写メ面接時は、是非それらを意識して、条件を上げられるように自分自身でも努力をしてみて下さい。

image


必ず良い結果に繋がり、いいお店を見つけられるはずです。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

このページのトップヘ