出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

2015年02月

このBlogでも度々ご紹介している通り、出稼ぎの風俗店舗は、常にトラブルなどのリスクが付きまといます。

image



①良いお店選び②店の従業員との円滑な人間関係作り③相性の合うお客さんを中心にリピート作り


この三つの流れを作ることで、リスクを軽減させることが出来て、安心して出稼ぎで稼げる環境が作れるようになります。


とはいえ、風俗という仕事の性質上、どうしても拭えないトラブルがあります。


それが、本番強要、いわゆる「本強」です。


本強が最も起こりやすい場面として、プレイ中の素股があります。素股のときに、気づいたら挿入されていた、無理やり入れられた、というトラブルの報告が最も多いです。


これらのトラブルが起きないように、素股についてしっかりと勉強することが重要です。


回避方法の一つとして、騎乗位の状態でお客さんの上に跨り、後ろ手でお客さんのものを掴んで、女性がコントロールする、という方法があります。


技術的なテクニックが必要になるので、詳しくは店の従業員や経験歴の長い女性などに教えてもらうと良いです。


本番強要のトラブルを避けて、より働きやすい環境を作ることができれば、出稼ぎでさらに稼ぐことができます。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

今回は、出稼ぎに行かれる女性と従業員の間に起きたトラブルについて、ご紹介します。

image


圧倒的に多いトラブルとして度々報告を受けるのが、従業員の風紀です。これには様々な形がありますが、従業員と女性の間で色恋沙汰になり、痴情のもつれや、金銭的なトラブルに発展するケースも多々あります。


そのようなトラブルを未然に防ぐため、どちらの店舗も風紀に関しては厳しく目を光らせています。


しかし、女性にその気がなくとも、ドライバーの男性などが誘ってきたり、それがエスカレートしてセクハラに発展する場合があります。


このようなトラブルが起こったときに、間に仲介業者やスカウトマンが入っていれば、すぐにそれらの業者に連絡を取り、店舗と話し合ってもらうことで、解決を図ることができます。


従業員の数に余裕があるお店であれば、クビにすることもできるし、そのドライバーをNGにすることができます。


万が一それらの処遇が認められない場合は、保証をもらって帰宅するケースなどもありますが、ほとんどは上記の対応をしてもらえるはずです。


二番目に多いトラブルの例として、従業員と女性の間で仲違いするケースが挙げられます。


風俗店の従業員といっても、人間である以上、性格や相性の問題で、合う合ないといった場合があります。

image


従業員に悪気がなくても、アウトコールの電話のときの口調がきつく感じられたり、運転が荒く、言葉遣いも悪かったりと、女性がどうしても相容れないと感じてしまうことが度々あります。


それらのケースにおいても、紹介者を通して店舗側に伝え、どうすることが最善かを話し合ってもらう必要があります。


さきほどのトラブルのケースと同じように、従業員の数に余裕がある店舗であれば、ドライバーのNGも可能です。


それが難しければ、従業員に注意勧告して、なるべく改善してもらうように話を持っていくこともできます。


店舗側も、まともな経営者であれば店の悪い部分を指摘されて直していこうと考えますし、悪評が立って紹介業者に敬遠されることを良しとしないはずなので、しっかりと話し合うことでトラブルを解決することが、できるはずです。


従業員とのトラブルも、出稼ぎで働かれる女性にとって大きな悩みの種となります。


困ったときは一人で抱え込まず、周囲に相談し、働きやすい環境を取り戻しましょう。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

image


出稼ぎのトラブルの中で、最も解決が難しい問題の一つとして、女性同士のトラブルがあります。


店舗によっては、三LDKの一部屋ずつが女性の寮となっており、個室の鍵が付いていない場合があります。


そのため、貴重品を部屋に置きっ放しにして仕事に出たところ、同室の女性に現金を盗まれた、などのトラブルが起こりかねません。


現金を盗まれたとしても、証拠を見つけることがほとんど難しいため、泣き寝入りしなければいけない、といった女性からの相談を時折受けます。


貴重品はなるべくお店に預かってもららい、現金も日払いを避けることでしか対策ができないため、同室の女性の様子がおかしいと感じたら、注意が必要です。


また、精神的に不安定な女性が同室の場合、その女性と些細なことがきっかけで口論に発展することがあります。


昨日までは仲良く話をしていたのに突然…といったケースも多くみられるため、必要以上に相手の懐に入り込まぬように注意をし、一定の距離を置くことも重要です。


女性同士のトラブルに関しては、当事者同士の問題であり、どちらかの言い分を優先するわけにもいかないため、お店としても関与ができない部分があります。


言った言わない、盗った盗らない、などの言い合いは、証拠がない限り水平線を辿ってしまうため、あらかじめトラブルが起こることを予想して、


1.貴重品や現金の自己管理

2.同室女性との物の貸し借りに気をつける

3.保証などの条件については一切話さない

4.プライベートな話をするときは注意し、相手の事情に深く立ち入らない


これらを徹底して、未然にトラブルを回避しましょう。

↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

image



風俗で働く女性にとって、最も稼げなくなる時期である二月がやってきました。


この時期は稼げないからと、休業する女性も少なくありません。


稼げない時期だからと割り切って、旅行に行ったり、美容整形をしたり、実家に戻ってゆっくりすることも、悪いアイディアではありません。


しかし、そうした女性が多ければ多いほど、稼ぐチャンスもまた転がっています。


二月はフリーの入客が減り、出稼ぎの店舗も普段よりは保証を下げて、女性を募集しているケースが多いのも確かです。


店側が出勤枠も調整しているため、出勤人数は普段より若干少なめで、それでも稼ぎづらいこともしばしばあります。


ですが、ライバルが少なくなる二月に、少しでも指名客をつくることによって、二月の後半から三月にかけて、徐々にリピート客が戻り、稼ぎが増えてくるようになると、二月以外の暇な時期でも、安心して稼げるようになります。


出稼ぎで指名を返す方法
http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/36898100.html


このような記事を参考に、二月はとくに指名を返すことを意識して、暇な時期を乗り切りましょう。


↓出稼ぎに関する問い合わせはこちらから↓

「Blogを見た」とメッセージを入れて頂けるとスムーズです。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

このページのトップヘ