出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

2014年10月

今回は、出稼ぎで働く上で、より条件や保証を上げるための特別な方法をご紹介します。


現状の保証に満足ができない、もっと写真指名が取れるようになりたいという女性の中で流行っているのが、美容整形です。


美容整形と一概にいっても、簡単なプチ整形から、休みが必要になる、ダウンタイムがあるものまで、手法も値段も大きく異なります。


今回は元AKB48の板野友美さんの例をあげてご紹介します。


以下が、板野友美さんが行ったと予想される手術の一覧です。

●目
・涙袋ヒアルロン酸注入
・目頭切開
・全切開
●鼻
・鼻プロテーゼ
●口周り
・口角ボトックス注入
・唇ヒアルロン酸注入
●顎
・顎プロテーゼ


image



これらの手術を全て行うと、おおよその値段は¥1,500,000 円になります。


専門家によるダウンタイムの予想は、以下の通りです。


1.5ヵ月:腫れはまだあるが化粧で十分隠せる。
3か月:初対面であれば整形したことがバレることはない。


長期的にみると、ダウンタイムによる休職期間と、手術の料金を考えても、稼げる金額が大幅にアップすることが考えられます。


もちろん、整形手術は気軽にできるものではないので、自分にとって本当にプラスになるのか、よく考えてからカウンセリングを受けてください。

美容整形に関する問い合わせは、LINEID : biyouseikei 【美容整形案内】

こちらをクリック


からお問い合わせください。


出稼ぎ風俗店舗をお探しの女性はこちらから。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック

メールアドレス

dekaseginet@gmail.com

このBlogでは、出稼ぎ風俗に関する情報をご紹介しています。


初めて出稼ぎに行く女性にとって、事前に細かい情報を知っているのと知らないのでは、お店の選び方や稼ぎ方に大きく違いが出てしまいます。


今回は出稼ぎ風俗のサイトMAPとして、主要な記事を以下にまとめました。




出稼ぎの流れやエリア、保証についてなどの記事はこちら。具体的に説明しています。

http://blog.livedoor.jp/sjk_sc/archives/36847459.html



出稼ぎ店舗の探し方についての記事はこちら。求人やスカウト、友達の紹介など色々な方法があります。
http://blog.livedoor.jp/sjk_sc/archives/39629746.html


出稼ぎ風俗の体験談はこちら。実際に出稼ぎに行った女性のインタビューです。

http://blog.livedoor.jp/sjk_sc/archives/40017331.html


出稼ぎ風俗のトラブルを回避する方法はこちら。二つ記事があります。

http://blog.livedoor.jp/sjk_sc/archives/36759117.html

http://blog.livedoor.jp/sjk_sc/archives/36804068.html


出稼ぎで指名を返す方法はこちら。せっかく出稼ぎにいくならより稼ぎたい、そんな女性にオススメの記事です。
http://blog.livedoor.jp/sjk_sc/archives/36898100.html


出稼ぎ風俗の記事カテゴリ一覧はこちら。2014年10月現在、48つの記事を掲載しています。
http://blog.livedoor.jp/sjk_sc/archives/cat_1228216.html



出稼ぎに行く女性が増えているため、急遽、このような記事を更新しました。


お店を探す際や、働きやすい環境作りの参考となれば、幸いです。




出稼ぎ風俗店舗をお探しの女性は、

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック

メールアドレス


dekaseginet@gmail.com

にてお問い合わせください。

今回は、出稼ぎの求人に応募し、トラブルになった女性の例を参考に、出稼ぎに行く際の注意点をご紹介したいと思います。


image


この女性は、求人で応募したお店に詳細をあまり聞かずに現地に向かったところ、お店の事務所で激安店の案内をされて、さらに保証が出ないという説明を受けたようです。


image




事前の電話での話では、単価もそんなに低くはなく、保証も五万円と口頭で説明されたようなのですが、メールなどで詳細を貰ったわけではないので、到着してから「保証が出るなんて話はしていない」と告げられたそうです。


事前にパネル写真の用意も、撮影の話もされていなかったらしく、案の定、全て「振り替え店」と呼ばれる、違う女性の写真で仕事を受けるお店だったようで、単価も思っていたよりも半分くらいしか貰えないとのこと。


こうした、求人の募集内容と異なるお店はたくさんあります。


回避する注意点としては、詳細を細かくもらうことです。メールで送ってもらえば、一応の証拠にはなりますし、(法的な証拠になるわけじゃありません)詳細をしっかり作っているようなお店であれば、多少なりとも安心できます。


また、お店の対応などにも注意が必要です。細かい話をしようとしたところ、現地で伝えます、など誤魔化して適当にされてしまう場合は、スカウトマンや仲介業者がいないときは、自らが交渉しなければいけません。


自分一人で交渉するのが苦手だという女性は、誰かに間に入ってもらうのが安心です。


信頼できるスカウトマンや業者を見つけることが、出稼ぎのトラブルを回避するためにもかなり重要なポイントになってきます。


今回の女性は、近隣の地域ですぐに行けるお店をこちらで案内することが出来たので、結果的に保証も付いて、単価も希望通りのお店で働いて頂くことになりました。


出稼ぎの求人には気をつけてご応募してください。


出稼ぎ風俗店舗をお探しの女性は、


LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


メールアドレス

dekaseginet@gmail.com


にてお問い合わせください。

http://dekasegihuuzoku.blog.jp/archives/40790189.html
前編からの続き



19歳の彼女は、仲間たちに風俗で働いていることを隠していない。仲間たちに隠す方が変だ、と彼女は言う。


もちろん、このような考え方は一般的ではないだろう。ただ、時代が異なれば歌舞伎町のキャバクラ高級店で働いていてもおかしくない容姿の女性が、地元で生きていくことを選び、風俗という職業を迷いもなく受け入れ、その生き方に疑問を抱かぬ姿に不思議な感慨を覚えた。


image



その次の段階として、彼女たちがお金を欲し、より稼ぐために出稼ぎにいくような思いに駆られるのが、美容整形への興味である。


地方で働く23歳の風俗嬢の女性と話しているときに、私は次第に彼女たちの心理状態が、出稼ぎブームを加速させていることに気がついたのだった。


地元でお金を稼ぐも、とくにお金を浪費する場所もなく、ただ自由に生きるために風俗で勤めてたその女性は、年齢を追うごとに次第に不安を抱くようになったという。


年をとればどうしても脂肪は増え、顔の造作も変化する。そうした変化に気がついたときに、目や鼻の整形、脂肪吸引などに興味が湧くのだ。


彼女たちは、自分の身体を資本に、生計を立てている。その大事な資本を維持し、より生活を安定的なものにするためには、美容整形という名の先行投資に惹きつけられる。


たとえば、顔は可愛いが身体が太い女性がいる。脂肪吸引を思い立ち、施術して体重が40キロ代になると、出稼ぎ店舗での1日の保証額も5万〜8万とアップする。


50キロ代後半や60キロ代の状態だと、いくら顔が可愛くても保証額は3万〜45000円くらいが限度となってしまうため、体重が稼ぎの額を大きく左右するのだ。つまり、先行投資として脂肪吸引をすることで、その分のお金の回収はもちろん、1日の稼ぎの額も大きく上がってくる。


逆に、スタイルは細いが容姿が優れぬ女性は、整形手術を行うことで、同じように保証額も稼ぎも大きく上昇する。


私が知り合った23歳の女性は、スタイルは細いが胸が小さいために、豊胸手術に踏み切ったという。また、目元の印象を変えるために、目の手術も行い、もともと容姿端麗であった彼女は、より綺麗なルックスを得ることになった。


美容整形の案内サイトや、

美容整形navi
http://biyouseikei-navi.com/

風俗店舗やスカウトマンの勧めで美容整形を経て、彼女たちはより金を稼ぐようになる。その理由も、家族の介護のため、生活資金のためであり、決してふしだらな理由ではないケースが多い。


可愛い子たちがこうした考えで風俗を選ぶ理由や心理状態も、決して他人事ではなく、今の時代や風潮を形成している我々のすべてが、原因の一つであるというのは、決して誇張ではない。


image



今この瞬間も、容姿端麗の女性が、風俗で働くことを自ら選択しているのだ。彼女たちはいずれ、風俗で働いていたことを忘れたように、地元で結婚し、普通の生活に戻っていく。そのときには、もう彼女たちが風俗の道を歩んだ理由を知る術はない。

以前、可愛い子がキャバクラではなくて風俗を選ぶ理由
http://blog.livedoor.jp/sjk_sc/archives/36829043.html
というエントリーを書いた。多数のフォロワーがいる方にTwitterされることで、かなりの反響を得た。


この記事は、時代の変移や、需要と供給を切り口にして、キャバクラブームの終焉を主に、女性たちの身の振り方について記したのだが、今回は風俗を選ぶ心理について、周囲の環境と彼女たちの内面に迫っていこうと思う。


つい最近、キャバクラに勤めれば高額時給が可能なルックスで、会話も得意で愛嬌のある、19歳の女性と知り合う機会があった。彼女は風俗の仕事を探しているという。その動機や考え方を知り、彼女の心理に深く迫ろうと考えたのだった。


彼女が風俗を選んだ理由が興味深いのは、よりお金が欲しいとかアルコールが苦手で水商売を敬遠したわけではなく、風俗嬢という生き方に興味があったというのだ。


その背景には、地元の先輩で風俗業に従事している男女(店のスタッフ側とキャスト)が数人いて、金回りが良く、とくに風俗嬢の先輩が自由で楽しそうという、一種の憧憬があった。


image



詳しく聞くと、どちらの先輩も出稼ぎブームに乗って最近出来た店舗で働いているらしく、それぞれ売上が上り調子のお店のため、給料や稼ぎが良い。そんな彼らが、正業に就いている他の先輩たちに比べて経済的にも精神的にも豊かに思えたのだそうだ。


私は、この台頭する出稼ぎブームが、巷でよく耳にする、地方のマイルドヤンキーブームによって支えられ、勢いを増していると考えている。というのも、地方の風俗のドライバーという、ブラックでもないが決して正業といえぬ職種こそ、マイルドヤンキーと呼ばれる地元の青年たちに、ぴったり当てはまると思うからだ。


昔はヤンキーだけで経営していたお店も、イケイケなだけでは売上を伸ばすことのできない時代となり、言うことの聞く真面目な従業員の必要性に迫られた。


マイルドヤンキーと呼ばれる青年たちは、見た目や遊び方などは一見不良のそれと似ているが、根は争いを好まず、地元仲間と楽しく生きていきたいと考えている、真面目な若者が多い。


image



彼らもなるべくなら親や親戚、仲間たちに誇れる仕事をしたいのだが、風俗のドライバーくらいなら、というつなぎの仕事という感覚で、風俗店舗に勤務する。また、地元の先輩が経営者で、断りづらくて働くというケースも多いらしい。


その中で真面目なマイルドヤンキーの青年たちが次第に立場のある役職を任されて、給料も高額になってくる。これがここ一、二年の間に顕著にみられるようになったようだ。


こうした先達の姿を見て高校時代を過ごした彼女たちは、風俗に対する抵抗感が薄れ、地元にいながらにして、稼ぎが大きい風俗という職業に興味が湧いてくる。


前述した19歳の女性は、そうした環境の上で、男性経験をほとんど経ることがなく、高校を卒業した。


先輩が風俗で見知らぬ男と性的な行為をしていることを尻目に、彼女自身は実際の性行為を知らない。同級生の男の子たちもネットのエロムービーに夢中だし、草食系と呼ばれるせいで、ますます彼女たちを女として口説こうとせずに、マイルドヤンキーの特徴である、仲間という意識で接してくる。


image



セックスをしたい。様々な男性経験を積みたい。次第に彼女の中でそのような考えが膨らんできたというのだ。地元にいながらにして、都会や様々な地域の男性と出会うことができる風俗の仕事をより知りたいと思うことは、彼女にとってごく自然に沸きあがった衝動だった。


彼女たちの心理を形成する原因は、時代の変移が一因となっていることは間違いないのだが、こうした地方の女性の行き詰まった性欲のハケ口や出会いの場として、風俗店舗が機能しているという事実に、少なからず衝撃を受けた。


このページのトップヘ