出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

2014年06月

出稼ぎ先で、嫌なお客さんに当たることがたまにあります。


たとえば、シャワーを一緒に浴びたからない、機嫌が悪い、酔っ払っていて怖い、プレイが乱暴、暴言を吐く、早く帰そうとする、本番強要がひどいなど、様々なケースが挙げられます。


こんなときはいったいどうしたらいいのでしょうか。


しかし、こういうケースだからこそ、その対応であなたの真価が問われます。


多くの女性は、嫌なお客さんにあたったとき、手をぬいてプレイをしたり、こちらも不機嫌になったりと、お客さんと同じレベルで対応してしまうと思います。


そうではなく、嫌なお客だからこそ、いつも以上に丁寧に接し、愛嬌のある接客を心がけなければいけません。


たいていのお客さんも、そこまで良い対応をとられれば、徐々に態度が軟化することが多いです。


お客さんが機嫌が悪いのは、日常で嫌なことがあり、誰かに当たりたい場合や、対応した店の従業員の態度や手際が悪かった場合、もしくはあなたが好みの女性ではなかった、写真と違うと感じた場合の三つに大きく分けられます。


できることなら、お客さんがどのパターンで機嫌を悪くしているのかを会話の中で察知して、店側に非がある場合、表面上だけでも謝ることで、お客さんの態度が軟化することが多いです。


もちろん、これだけでは全く問題が解決しないような悪質な客もいます。


そのときこそ、前回の記事で紹介したような、従業員に気に入られる方法が生きてきます。


どうしてもひどいお客さんの場合は、従業員に連絡をして、現状を伝えることで、お店の方で解決を計ってくれることがあります。


しかしそのときに、普段からあなたが従業員に好かれていないと、客と女性の言い分のどちらが正しいのか、店側も判断に迷ってしまいます。


客が悪いということが判明すれば、店側から客に話が伝わり、改善してもらう、もしくは、それ以降、お店自体に出禁や、NGにしてもらうことができます。


嫌なお客さんにあたっても、あなた自身が嫌な態度をとらないでお店の方に伝えることができれば、そんなお客さんを相手にしてくれたということで、あなたの評価が高まります。


もちろん、上記のケースでは収まらないような、もっと悪質な客にあたりこともあります。


あまりにもひどい場合はお店を通して警察に通報することもあるので、どうしようもないときは、これ以上ひどいと、お店を通して警察に通報してもらいます、と伝えることも、身を守る上で大事なことです。


また、普段から店の従業員だけではなく、間を通しているスカウトマンなどにも相談することで、解決を計ってもらえる場合もあります。


常日頃から、仕事に関わる人たちとの人間関係を大事にすることも、嫌な客にあたったときの解決策の一つになるため、おろそかにしないことが大切です。


出稼ぎに関する問い合わせはこちら。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック

dekaseginet@gmail.com

今回は出稼ぎ先で従業員に気に入られることで、より稼ぎやすい環境を作れる方法をご紹介します。


ただの従業員だから、出稼ぎ先だしもう来る予定ないから、などの理由で、従業員とコミュニケーションを取らない、あるいは従業員に態度が悪い、出稼ぎの女性が増えています。


従業員に気に入られても仕方ない、むしろ従業員が態度が悪い、などと反論の声があがってきそうですが、それでも従業員には気に入られる努力をすることで、確実に稼ぎが変わってきます。


地方の店であればあるほど、客層が良く、人柄のいいお客さんが常連だったりするために、保証以上稼げている女性が数人いた場合、お店の判断でどの子をさらに稼がせてあげるかを決めます。


こういう状態のとき、当然のことながら指名率の高い女性を優先にしますが、その次に優先度が高くなるのが、「従業員受けがいい、愛想が良い女性」です。


従業員に対して愛想がいいというのは、接客態度の一つの指標になります。従業員に対して愛想がよければ、お客様に対してはもっと対応が良いのだろうと期待できます。


ところが、態度が悪い子となると、お客様に対して果たして仕事の義務を果たしているのか、おざなりなのかが、判断に迷います。


出稼ぎで保証がついている以上、保証分は稼がせなければいけないと、店側はおもうでしょうが、保証以上に稼がせてあげようと考えるのは、愛想が良く、今後も定期的に出稼ぎに来てくれそうな女性に対してなのです。


では、どうやって従業員に気に入られるのかをご紹介したいと思います。


1.出稼ぎに行く前から丁寧な対応を心がけ、当日も遅刻はせず、時間通りに向かう。


常識的なことですが、そもそもここで躓く女性がとても多いのです。


前日入りの連絡を忘れたり、当日の到着時間を伝えていなかったり、遅刻したり、日程変更や、電話の際に無愛想に思われるなど、この時点で何かしらのトラブルがあると、お店側の信用を大きく損ねてしまいます。


もちろん、現地に着いてから、きちんと謝罪し、対応を良くすることで、挽回の可能性はあります。しかし、できるだけ最初の時点で落とし穴に躓かぬよう、気をつけましょう。


2. 面接時の対応、態度


対面で簡単な面接や、お店の説明を受ける際、移動で疲れているからとはいえ、態度が悪ければその時点であなたの印象に大きくバツがついてしまいます。


実際、店長や従業員と一番関わるのは、この日が最初で最後です。なんとか笑顔で過ごし、精一杯頑張りますので今日からよろしくお願いします、と頭を下がるだけで
、あなたの印象が抜群に良くなります。


3.暇な日の態度


出稼ぎ先で保証がついているとはいえ、どうしても暇な日がでてくることがあります。そのときに、お店に文句をいったり、スカウトマンから店をせっつかせたりすると、あなたの本性を知られてしまう恐れがあります。


暇で苛立つ気持ちは十分理解できますが、忙しくなったときに一番稼がせてもらえるように、従業員と話すときも「今日はあんまり動いてないんでしょうか」などと柔らかい言い回しで質問したり、スカウトマンには愚痴を聞いてもらうだけに留めてもらって、我慢しましょう。ただし、あまりにも暇な日が続くようであれば対策が必要です。


4.車の乗車中、乗降時の態度、インコール、アウトコールの電話の対応


出稼ぎはデリヘル店舗がほとんどなので、ドライバーと車に乗る時間が多いと思います。このときに女友達とうるさく電話をし続けたり、店の悪口をいったり、乗り降りの際に態度が横柄だったりすると、確実にドライバーから疎まれます。


また、インコールやアウトコール一つをとっても、ふだんの素の表情がみられてしまいます。相手は内勤だから、と偉そうな口ぶりや態度が伝われば、内勤の従業員から店長やオーナーに、確実にあなたの情報が伝わります。


出稼ぎ先で、従業員にまで気を遣わなければいけないのは辛い、という気持ちは理解できます。せっかく愛想良くしたのに無駄だったというケースも多少あるかもしれません。


けれど、大半のお店はあなたの好意を認めてくれて、稼がせるために努力をしてくれたり、働きやすい環境作りに努めたり、今後も同じ条件、もしくはより良い条件で
リピートさせてくれたりと、結果的にあなたが稼げる状況が生まれます。


より稼ぐためにも、今回の記事を少しでも参考にしてみてください。


LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック


dekaseginet@gmail.com

このページのトップヘ