出稼ぎ風俗 | 新宿スカウトマン日記

出稼ぎの風俗を中心にご紹介しています。 出稼ぎにおいての注意点や、稼ぐ方法、保証についてなど、詳しく記載してあります。 また、同時に現代の風俗について、キャバ嬢についてなどの考察も更新しています。

2014年02月

都心の風俗店のマニアック化が進んでいる。

一昔前は、ギャル店やロリ店、巨乳店、人妻店などおおざっぱなジャンルにわかれていただけだったが、ここ数年は、さらなる細分化が進んでいる。

人妻店を例にとっても、即尺が基本の痴女系のお店や、美人妻系のお店、サービスが良質の奉仕系のお店、容姿レベルは問わない激安店や、サービス内容が過激なお店など、それぞれに特色があり、ニッチな客層をターゲットにしている店舗が多い。

客である我々は、自分の欲望を満たすお店選びが容易となる。たとえば、サービスの質は求めなくとも年齢の高い綺麗な女性を好む場合は、美人妻系のお店に行けばいいし、イマラチオやAFが好みであれば過激なサービスが売りのお店を選べば良いため、外れを恐れる心配も減り、より風俗店に足を運びやすくなる。

つまり、店舗にとっても客が風俗店で遊ぶことを躊躇う機会損失を潜在的に減らすことで、ニッチな客層ながらも集客を伸ばすことができる。

また、女性の立場に置いても、自分に合ったお店を探しやすいことと、ホームページ上で事前に細かいプレイ内容を知ることができるため、多少なりとも入店前の不安が軽減される。それが働く女性を増やしていく結果に作用するのだ。

渋谷新宿池袋などの繁華街では、特色のないお店は消えつつある。カラーのない店舗は案内所や客引きに頼るしかない。しかし、上記のようなマニアック店舗は、ネット上で特定の客を得ることが出来、さらにリピートも得やすい。


風俗店は今後、より一層ジャンルの細分化が進む。そして、いま現在、地方の風俗店のほとんどはノーマルなお店で占められているが、いずれ都心と同じマニアック化に進まざるを得なくなるだろう。


二月に入り、キャバクラや風俗で働く女性から、毎日のように「暇」というワードを頂きます。


一般的にこの業界は、にっぱち(二月と八月)が暇だと言われていますが、私の感覚では、二月と十月が暇な時期にあたるように思います。


とくに、なぜ二月が暇だといわれるのか、色々なお店の社長や代表の方々に尋ねてみると、クリスマスで出費し、年末年始の忘年会や新年会でより出費が嵩み、実家の帰省やらで財布の紐が硬くなり、四月からの新生活や子どもの上京費用や学費などで、余剰金がなくなるから、と推測している方がほとんどです。


もちろんそれらの憶測はある面では正しいと思います。キャバクラや風俗に定期的に行かなくても平気な人もいますし、お金があるときだけ風俗で遊ぶ考えの人も多くいるでしょう。


けれど、その反面、風俗にいかなければ寂しさを埋められない人や、どうしても性欲を定期的に処理したい人、どんな時期でも関係なくお金を稼いでいる人など、二月だろうと何月だろうと、見込み客は存在しています。


つまり、いかにその見込み客を取り込むかが重要で、二月が極端に暇なお店は、それらのリサーチが甘く、年末は稼ぎ時で、二月は暇だから仕方ない、と早々に諦めているから、当然のごとく暇なんです。


十二月の繁忙期に客が入る。その客を少しでも多く店のリピート客にできるか。または質の良いキャストを十二月に稼がせて満足させ、とくにリピート客を持っているキャストを、二月にどれだけ出勤させられるのか。また、割引サービスやイベントを行い、一月のうちに備えることができるのか。


また、二月になって店のキャストの出勤が減ると、それだけでお店の魅力が薄まり、より客足が遠のく結果に繋がります。


つまり、暇な時期に入る前に、どれぐらい準備をしておくかによって、二月の集客が変わるというわけです。


稼ぎたい女性にとって、暇なお店で暇な時間を過ごすことほど苦痛なことはありません。


お店選びは慎重にし、すこしでも条件の良いお店で、事前対策がしっかりできるお店で働いて欲しいと思います。


なにか質問などがあれば気軽に私までメールをください。

LINEID、dekaseginavi (名前は【求人ナビ】)こちらをクリック

dekaseginet@gmail.com

このページのトップヘ