先日、とあるAVプロダクションの社長と会食する機会があり、ここ最近のAV業界の話を聞かせてもらいました。


ネットでいくらでも無修整動画が無料で観れるこの時代でも、AV女優の需要は尽きない。


もちろん昔に比べてAV女優のギャラは全体的に下がっていて、昔は単体女優といえば一本百万以上は当たり前だったものが、今では単体でも五十万という契約はざらにあるという。

しかしもちろん、元アイドル、元芸能人など、知名度がある女優には、数百万や一千万を超えるギャラがあるというから、AV業界にもどうやら格差が広がっているようである。


というのも皆さんご存知の通り、元A◯Bやら元パイ◯ーツやら、女優やグラビアアイドルまで、芸能界で活動していた女性たちが、もう珍しいとはいえないくらい、AV業界に参入しているため、必然、売れる見込みのある彼女たちのギャラだけは、破格といえる値段につり上がっているのだ。


とはいえ、一般女性がAV業界で稼げないかというと、それも違う。


単体女優なら月に一本の拘束で五十万〜二百万くらいしか稼げない彼女たちも、企画や企画単体とよばれる仕事で、一本あたり十万〜三十万のギャラをもらい、月に20本もこなして稼いでいる女優も数多く存在するらしい。


一本あたりの単価は低くても、数をこなすことで400万以上稼ぐ、知名度もそこそこの女優は、さらに隠れて風俗で働いている場合もあるらしく、推定月収500万でも不思議ではない。



AV女優を志す女性は、稼ぎたいという場合と、有名になりたいという場合の二つに大きく分けられる。


前者は先ほど述べたように、ひたすらに数をこなし、自分の知名度を利用して隠れて風俗でも稼ぐ。


後者は、週刊誌などの取材に応じ、袋とじのヌードに挑戦したり、握手会やファンイベントにチャレンジし、AV業界を踏み台にして、芸能の世界に飛び込んで、有名になりたいと願っている。


芸能の世界に見切りつけてAV業界に飛び込む女性もいれば、芸能の世界に憧れて、すぐに有名になりたいがためにAV業界に足を踏み入れる女性もいる。


なんとも不思議な構造を擁する業界である。


次回以降、さらにAV業界について深く切り込んだ話をしていきたいと思います。


問い合わせ、質問はこちら

dekaseginet@gmail.com